Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

危険物取扱者乙種四類の写真書換を消防試験研究センターで申請。

危険物取扱者乙種四類の写真書換を消防試験研究センターで申請した女性。

ある日、葉書が届いていたので、何かと思ったら「危険物取扱者乙種四類の写真書換について」と書かれていた。10年毎の更新だが、10年ってあっと言う間だな。今月中に更新すべしとの事なので、詳細を見てみた。

Sponser Link

危険物取扱者の写真書換に必要な物。

危険物取扱者乙種四類の写真書換を消防試験研究センターで申請。

書換に必要な物は書換申請書・証明写真・所持している危険物取扱者免状・申請手数料・392円切手と返信用封筒の5点だ。書換証明書は消防本部かホームページからのダウンロードで入手可能。

証明写真は履歴書サイズより大きな縦4.5cm横3.5cmが必要。以前スマホアプリで撮影していた写真が同サイズだったので、それを持参。

申請手数料は収入証紙1600円分だ。収入印紙ではないので、注意が必要。銀行や信用金庫で販売している。収入証紙は近所の銀行で購入した。収入証紙購入時は身分証明書不要で、銀行で名前と住所と電話番号を記入した。要するにお金を払えば誰でも買える。

最後に返信用封筒に392円分の切手を貼って上記の書類や現在の免状と共に消防試験研究センターに郵送すれば2週刊程度で新しい危険物取扱者免状が郵送される。勿論、郵送で消防試験研究センターに送るなら送る分の封筒と82円切手が必要だ。

直接、消防試験研究センターに持参した。

trailruning (13)-min

別件の採用面接試験が近所であったので消防試験研究センターに持参する事にした。持参すれば郵送の82円は不要だからな。無職だから費用は浮かせたいし、マラソンランナーだから1時間程度は普通に歩く。流石に普段着では走れないが、歩くのなら負担はない。知らない道を覚えられて一石二鳥だ。

普段は行かない場所なので、グーグルマップを頼りに進む。だが、グーグルマップの制度が今一で目的地にたどり着かない。なので、原始的に人に訪ねたら現地まで地下鉄を使う事を勧められた。その場は感謝して消防試験研究センターを目指した。

国家公務員だか財団法人だか知らないが。

社会保険労務士試験当日は緊張しながら選択式と択一式問題を解いた女性。

何度も道に迷いながら無事消防試験研究センターに到着。受付に届いた葉書を見せながら危険物取扱者免状の更新希望と伝える。受付の人から書換申請書を受取その場で記入。その時、12時になると部屋の電気が消えて暗くなると説明を受けた。

つまり、時間をきっちり守って働いてるって事だな。公務員の仕事みたいでいいな。私も公務員の仕事が良かったな。実際、12時に電気は消灯されたものの、すぐに点灯してくれた。真っ暗闇で申請書に書けないからな。その後、写真や収入証紙等を提出して申請完了。

これで一安心。無職だけにいつ危険物取扱者乙種四類の資格を使うかわからんからな。外に出る仕事はしたくないからこの資格の出番はない方がいい。これで次の更新はまた10年後である。10年後は正社員で働いて結婚して子供もいるといいな。UTMBやトルデジアンも完走してるはずだ。※危険物取扱者乙種四類の新免状は10日間で届いた