Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

無印良品「覚悟を決めて仕事をするから大抵の事はできる」の書評。

無印良品の「覚悟を決めて仕事をするから大抵の事はできる」の書評。

今回読んだ本は無印良品の「覚悟さえ決めれば大抵のことはできる」と「無印良品が世界でも勝てる理由」の2冊だ。どちらも良品計画会長の松井忠三が書いた本だ。読書感想は最初に発売された「覚悟さえ決めれば大抵のことはできる」を中心に書くとする。

Sponser Link

リーダーに必要な「任せる力」

社会保険労務士とファイナンシャルプランナー2級合格後に開業登録した女性。

覚悟さえ決めれば大抵のことはできる」の本を読んで印象的だったのは部下に「任せる」と言うのは部下に仕事を割り振る事ではなくて、部下の仕事を成功させる事。仕事の成否が部下の能力次第になってるならリーダー失格。「これやっておいて」と言う曖昧な任せ方ではリーダーとして無責任。と書かれていたからだ。

これは目から鱗だ。リーダーは部下の仕事を成功させる為にいるんだな。更に「部下に仕事を任せて失敗しても最終責任は任せたリーダーにある。リーダーが部下に仕事を任せて失敗したら部下を叱ってリーダーの責任は問われないのが一般的だが、無印良品では違うんだな。(良い意味で)

業績を急上昇させるマネージャーは要注意。

正社員退職後、契約社員で働くも退職したのでアルバイトを探した。

リーダーが変わってから急激に利益を上げる店舗が出てくる。これは喜ばしい出来事のように思えるが、無印良品では「危険信号」としてとらえる。イベントやセール期間で驚くような売上を達成した店長が出現する時がある。

かなりの金額なので、どうやって売り上げたのか店長に聴いてみると特に売るための工夫はしていない。おかしいと思って調べると目標を達成できなかった社員にクレジットカードで商品を購入させていた事が判明。強制的・脅迫的に商品を買わせたり、自発的に買うように誘導してたりする。

業績が上昇したら離職率も上昇。

アルバイトの給料が未払いだったので対処方法を調べて会社に請求した少女。

更に短期間で一気に業績を上げるリーダーは自分の命令に背く社員に無理難題をふっかけたり、嫌がらせをして辞めさせようとする。リーダーの言う事を聞く手下だけでの店舗運営を目指すのだ。この行動を取るのは独裁的なリーダーが多い。

強制力を使って社員を働かせる強力な店舗運営をしている店は短期的な業績は伸びても離職率も上昇してしまう。しかも独裁的なリーダーは上司に対しては下手に出る為、その強力な店舗運営を見つけにくい。

無印良品での解決方法。

IKEA短時間正社員で6ヶ月働いた体験記イケアへの就転職評判は?

上記のような状況を解決する為に無印良品では「組織サーベイ」を年2回行っている。店で働くパートやアルバイトに質問用紙を配り、店長について回答してもらう。その質問用紙は店長を経由しないで、直接調査会社に送られる。

リーダーの上司が店を巡回してパートやアルバイトに聴いても本音を語る訳ないから質問用紙で回答してもらうのだ。これにより従業員にとって快適な店舗運営を目指す。従業員がいるから会社や店が成り立つ訳だからな。

覚悟さえ決めれば大抵のことはできる」の本で無印良品がどんな会社運営してるのか知る事ができた。無印良品に興味があるなら読んでみよう!