Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

新人社労士が助成金に初挑戦!就業規則変更に36協定提出と大忙し。

新人社労士が助成金に初挑戦!就業規則変更に36協定提出と大忙し。

勤務社労士になって間もなく1年。15万出して勤務登録しても何にもならん。毎月「月間社労士」ってのが郵送されるだけ。研修会や交流会なんぞ存在しない。夢を抱いて勤務登録すると損する。企業によっては勤務登録費用を負担してくれるが、そんなのは稀だ。

年金支給期間短縮に育児休業延長・障害者雇用率増加!法改正情報。
600億円もの年金(振替加算)を支給してなかったとして問題になってる。振替加算とは夫が受け取っていた年金が妻に振り返られる年金である。数年前に消えた年金記録で問...

社労士バッジも約9000円で買う事になる。これを付けても一般人には社労士と認識できない。無くても社会保険労務士の仕事はできる。そもそも「社会保険労務士の資格」を取るのはお勧めできないがな。驚異的な難易度の試験なのに取得しても役に立たないのだから。

Sponser Link

キャリア形成促進助成金・制度導入コース。

非正規雇用(アルバイト・契約・派遣)から正社員に転職する方法。

今は名称変更して「人材開発支援助成金」になっている。制度導入コースとは評価期間を定めて、従業員を評価する制度だ。あらかじめ、制度導入計画を労働局に提出して計画通りに実行、申請すると助成金が出るって仕組みだ。

無職生活マニュアル!雇用保険を受給して国民年金は免除にする方法。
何らかの事情で会社を退職して無職になる事がある。退職すれば健康保険・厚生年金保険・雇用保険資格を喪失する。資格喪失したら健康保険は国民健康保険に、厚生年金保険は...

どんな助成金でも申請期限があるので要注意。あらかじめ、計画書を提出するとなれば尚更だ。各助成金には厚生労働省からのパンフレットが出されていてその中に申請手順が書かれている。だが、一般人には意味不明の内容だ。楽に申請したいなら社会保険労務士に依頼しよう。

助成金申請の為に企業から書類を提出してもらう。

ブログ飯と世界一優しいブログの教科書でアフィリエイトの勉強。

制度導入コースは従業員を評価するのだが、まずは従業員の仕事に対する自己評価を書いてもらう。次は従業員の自己評価を見た企業がその従業員を評価する。この「職業能力評価実施状況報告書」には従業員への助言を記載する欄もある。

健康保険証なくて受診料を全額自己負担したら療養費支給申請で返還。
外出先で怪我をして病院に言ったり、入社して間もなくて健康保険証が発行されてなかったり。そんな事情で健康保険証を提示出来ない時がある。普段通院してる病院ならその場...

評価を終えたら6ヶ月間するのを書類を揃えながら待つ。6ヶ月経過した2ヶ月以内しか申請できないからな。書類は制度導入コース支給申請書・職業能力評価実施状況報告書・支給要件確認申立書・支払方法受取人住所届・賃金台帳・出勤簿・労働契約書・就業規則を労働局に提出。

助成金や法改正に対応した就業規則が必要。

アイリスオーヤマ倒産危機からの復活!女性9割の通販会社とは。

一般の手続きと違って助成金だと依頼元の企業が迅速に動いてくれる。つまり、お金の関わる事だから必要書類を準備してくれやすい。それでも企業によってばらつきはあるが…。その助成金だが、就業規則の変更を条件にしているのも多い。

新人総務担当と社会保険労務士が注意すべき給料計算や労災手続き。
新社会人にせよ中途採用にせよ総務(経理)担当になったら注意点がある。新人社会保険労務士である私も知らない事は多いのだ。総務担当者でも前任者から引継ぎなくして新担...

就業規則はその助成金申請に必要な文言を網羅しておく。その後、労働者の意見を書いて、労働基準監督署に提出。就業規則にちょっとした文章を追加するだけなので、社会保険労務士でなくても難しくない。助成金とは無縁の企業でも今後のトラブルを避ける為、法改正に対応した就業規則を作っておきたい。

人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。


人気記事一覧

Sponser Link