Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

飲食店オープニングスタッフとして働いて料理を学んで退職した。

飲食店オープニングスタッフとして働いて料理を学んで退職した少女。

未経験から飲食店で調理師を目指して開店研修を受けた。4・5回研修に行ったが、店が狭すぎる。人1人通るのがやっとなのだ。コンビニエンスストアの半分しか厨房スペースがないのだ。頭上には注文のレシートが出て来る機会があって。頭をぶつけるし、周辺には熱湯が湧き続けるので、正にデンジャーゾーン(危険地帯)だ。

イケア短時間正社員の求人応募1次面接結果IKEA家具フード調理。
脱フリーターを目指して正社員の仕事を探すが、正社員は資格や専門技術が必要だったりして応募すらままならない。たまに応募しようと思ってもその競争率は凄まじい。そんな...

未経験でレストランにアルバイト採用されたのはいいが、これではやる気半減。こんな狭くて働きにくい店舗では効率が悪すぎる。労災になりかねない危険地帯が多くてこの会社では長く働けないな・・と思わせる。

Sponser Link

飲食店の開店研修で盛岡冷麺を作成。

7427383 (6)-min

小麦粉だか片栗粉だか知らんが、これに重曹と塩を加えて熱湯投入。これを素手でこねる訳だが、熱湯だけに熱くて触れない。若干、温度が下がったのを見計らって手でこね始める。それでも熱いのだが、こね続けるとだんだん固まってくる。まるで粘土のようだ。

イケア2次面接結果を当日メールで受信・不採用か?IKEA家具販売。
思えば面接って1日の中で、1次と2次面接をした事はあったが、別の日に1次・2次と面接したのは初めてだ。1回の面接でも大変なのに2回って・・。でも正社員にならなけ...

これに専用の機械を通すとトコロテンのように麺が出てくる。これを冷水で冷やすと透明感のある麺ができる。ゴムのような歯応えでそう簡単に切れない。これを器に盛ってゆで卵・スイカ・チャーシュー・キムチ・胡瓜をトッピングして完成。初めて冷麺を食べたが、中々の味だ。

東京スカイツリーにも店舗がある人気店。

社会保険労務士試験合格後、事務指定講習を受講して独立開業した女性。

2016年7月1日に冷麺店が開店。開店当日は客が殺到して忙しいから休みにしてくれと管理者に言ってたんだが、見事に無視。結局開店日からの出勤となった。予め伝えていたシフト希望が通らないとは更に勤務意欲減退。開店の状況確認の為、行ってやるか。

店内は客だらけで行列ができている。どのレストランも例外なく長蛇の列。飲食店でこれだけ人が並ぶのは初めて見た。これから相当大変な仕事が始まるだろう。

イケア短時間正社員の求人情報とジョブフェアで採用を目指す。
イケア(家具屋)が短時間正社員を頻繁に募集している。これは辞める人が多いからではなく、現在の8店舗を14店舗に増やす為だ。※逆に大塚家具では大型店を閉鎖して縮小...

そして勤務開始。勤務中に着る制服がデザイン性と耐火性を重視してあるが、生地が厚すぎて暑いのだ。動きづらいから着ていて違和感がある。

キッチンでは切り傷・火傷等の怪我に注意。

サーモス真空断熱フードコンテナー0.5L・JBM-500Gを評価レビューした少女達。

開店当日に洗い場を担当したが、次々と洗い物が来ててんてこ舞い。洗わないと器が足りなくなるからな。それなりに対処せねば。たまに肉を焼いた鉄板が来るのだが、迂闊に触ると火傷する。

IKEA短時間正社員で採用される方法と面接対策イケアの仕事内容。
家具のイケアで働いた体験記を書くとしよう。イケア求人への応募や面接については「1次面接」「2次面接」「ジョブフェア」の記事で確認すると良い。イケアでは従業員(短...

この火傷にはこの店で働く上で散々悩まされた。このままこの店で働いたら、やがて重大な労働者災害になるんではないかと思う。店が狭くて従業員の事が全く考えられてない店だから無理もない。

IKEA短時間正社員で6ヶ月働いた体験記イケアへの就転職評判は?
家具のIKEAで6ヶ月働いた体験記第2弾。前回記事「IKEA短時間正社員で採用される方法と面接対策イケアの仕事内容」の続き。今回は実際に働いての仕事内容や待遇を...

パートタイマーとは言え開店日当日の仕事は激務だった。レストランがオープンする所を直に見れたのは良いが、この店でアルバイトするのは副業としてだからな。

IKEA短時間正社員の待遇や評判、口コミは?イケア家具の勤務実態。
家具のIKEAで6ヶ月働いた体験記第3弾。前回記事「IKEA短時間正社員で6ヶ月働いた体験記イケアへの就転職評判は?」の続き。今回も実際に働いての仕事内容や待遇...

シフトも思い通り組めないし、危険も多いので怪我をする前に退職する事にした。本職である正社員勤務で料理人目指して頑張るぜ!「道は開ける」ものだ。