Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

社会保険労務士試験当日は緊張しながら選択式と択一式問題を解いた。

社会保険労務士試験当日は緊張しながら選択式と択一式問題を解いた女性。

私はいつも社会保険労務士になって活躍している自分の姿を想像して勉強していた。その為には試験に合格する必要があるわけですが、いつも試験で(本気で)満点を取るつもりで勉強してい。これまで受験資格を得るのに2年、試験当日まで更に1年の合計3年費やした。

Sponser Link

社会保険労務士試験当日。

コラーゲンサプリ美チョコラでエイジングケアを無料で試す女性。

そして試験当日、会場に向かう電車からしてすでに満杯なのだが、なんとかたどり着く。そして午前中の試験が始まるが、もの凄く緊張してしまった。思ったより易しい問題がでたので助かったが、あいかわらず緊張しっぱなしなのであった。身体がガチガチなのが良く分かる。

社会保険労務士試験合格後、事務指定講習を受講して独立開業した。
間もなく2016年の社会保険労務士試験合格発表である。最近の合格率は5%~9%と幅広い。特に2015年は2.5%とかなり低い合格率だ。私が社労士試験に合...

午後に入って労働基準法・労働安全衛生法から始まり、最初の方はなんとか解いていくが その後は緊張の為、本来解けるはずの問題も判断に迷って思うように解けない。そのまま時間だけが経過してゆくのであった。 それでも合格しているのでは!?と思いながら試験時間終了となる。

社会保険労務士試験終了後。

アルバイトの給料が未払いだったので対処方法を調べて会社に請求した少女。

帰りに複数の資格学校が午前中の選択式問題の解答を配っていたので答え合わせしてみると なんと!国民年金法が2点だった。 この時点で試験結果(不合格)は出てしまったので、この試験当日から翌年(2008年)8月の試験に向けて勉強を開始したのであった。 (実際に帰りの電車で翌年の試験勉強を開始していた)※救済措置で合格したいと思ってない

社会保険労務士合格体験記・人事労務のスペシャリストを目指す。
専門職に就きたくて仕事を探していた時、2004年の10月に資格について書いてあるパンフレットを見ていた。その資格ガイドには社会保険労務士という資格あって人事・労...

今回始めて社会保険労務士試験を受験したが、合格基準点を満たさなかった理由を考える。テキストに関しては受験資格のない短期大学生の時から読み込んでいた。なので、テキストは3年間僅かな時間があれば読むようにしていた。インプットはこれで良い。

だが、アウトプットが足りなかった。つまり、テキストをひたすら読む日常だっただけに問題集を解く頻度が少なかった。それだけに試験本番で問題を解く能力があと少し足らなかった。とは言え、択一式問題はギリギリ満たしているので、テキストを読む時間を減らして問題を解く時間に充てれば合格はより近くなる。

2度目の社会保険労務士試験に向けて。

社会保険労務士試験当日は緊張しながら選択式と択一式問題を解いた女性。

2009年の試験は合格率が10.6%と非常に高い年だった。この年に合格できなかったのは手痛いダメージだが、選択式問題を解けるかどうかはその時の運とも言える。選択式を突破できなくて不合格なら仕方ない。

不安定なアルバイトや契約社員そして派遣社員を辞めて安定した仕事をしたい。それを叶えてくれるのは社会保険労務士試験合格だと信じて毎日、平日は8時間、休日は12時間から15時間勉強するのであった。