Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

吉野家で経済学入門!アルバイト主体の牛丼屋が倒産から復活。

吉野家で経済学入門!アルバイト主体の牛丼屋が倒産から復活。

吉野家は毎日のように利用していた。牛丼特盛りつゆだくがお気に入りで、夏にはうな重を食べたものだ。以前、「吉野家の経済学」の本を読んだが、今回は「吉野家で経済入門」を読んだ。あと読んでみたいのは「吉野家もっと挑戦しろ! もっと恥をかけ!」の本だ。

吉野家で使う肉はショートプレートと言う厚さ1.3ミリの牛肉だ。当初、最低ランクの牛肉だったが、狂牛病(BSE)問題が発生した事で吉野家の牛丼にはショートプレートが必要であると世界に知れ渡った。結果、狂牛病(BSE)により牛肉が輸入禁止され吉野家は倒産。再建後もショートプレートの確保に苦労する事になる。

Sponser Link

牛丼吉野家復活後。

吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り

吉野家が倒産から復活して牛鍋丼が発売。豆腐や糸こんにゃくが入って280円だ。当時、牛丼並盛りは380円で販売されていて、牛丼並盛りと牛鍋丼の2つが売りの商品だった。最初の3ヶ月は好評だったが、牛丼と牛鍋丼の味では牛丼が優位だった為、牛鍋丼は失速。牛丼並盛りを280円に値下げして販売する事となった。

牛丼の原価はいくらか考える。仕入れ時期によって変わるが、原価は40%である。牛丼並盛りが仮に380円なら材料費が150円以上となる。材料と言っても牛肉の割合が大きいから牛肉の値上がりが牛丼価格に大きな影響をおよぼす。

吉野家の大半がパートとアルバイト。

サーモス真空断熱フードコンテナー0.5L・JBM-500Gを評価レビューした少女達。

吉野家で一通りの仕事を覚えるのに半年かかる。吉野家での技術習得は配属店によっても異なるが、厨房で食器洗い乾燥機を使ったりして洗い物関係を処理する。洗米して炊飯の下準備をしたりするが、最初は店の雰囲気に慣れるのが重要。

その次は接客して注文を受けたり、ご飯の盛り付けを覚える。その後は重要な肉盛りだ。吉野家の仕事をどんどん覚えればステップアップシステムによって時給が10円刻みで上昇する。店長代行を務められるようになれば吉野家での正社員も見えてくる。

外食産業は中途採用が多い。

IKEA短時間正社員で6ヶ月働いた体験記イケアへの就転職評判は?

吉野家は過去6年間、新卒採用せずに中途採用を主体としていた。学生時代に吉野家でアルバイトして卒業後、吉野家に入社する人が多いからだ。吉野家ホールディングス会長である安部修仁さんは吉野家でアルバイト後、正社員登用試験を得て社長になった。

求人広告に「正社員登用制度あり」と記載しながら、実際は登用実績のない会社がある時代にアルバイトから正社員どころか社長・会長まで昇格できるなんて凄い会社だ。

この「吉野家で経済入門」を読んで牛丼の素材についてはもちろん、従業員での働きについても知る事ができた。本を読んでたら牛丼を食べたくなった。吉野家に行って牛丼特盛りに生卵を乗せて食べようかな。