スポンサーリンク

最新高性能パソコンが7万円!SSD搭載で爆速激安のマグネイトIMとは?

最新高性能パソコンが7万円!SSD搭載で爆速激安のマグネイトIMとは。 パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

常にその時代の最新スペックを搭載するマグネイトIM。税込み6万8千円で買える安さ。ハードディスクをソリッドステートドライブに変更しても7万円だった。マグネイトIMに付いてきたSSDはCrucial(クルーシャル)のCT250MX500SSD1/JP

ネットが遅くて切断される!無線LANルーターと子機を変えた結果。
「ネットワークが変更されました」「デフォルトゲートウェイが使用できません」そんなエラーが多くて、速度も遅い。これでは仕事にならん。7年使ったパソコンが影響してるのだろうか?新型パソコンを購入してネット設定してみた。 結果、新型...

ブラックフライデーのポイント10倍時に買ったので、ポイントの活用法を考えた。結果、ADATAのASU650SS-240GT-RECと交換した。これでSSDは2つになるが、パソコンもタワー型(マグネイトIM)とノートパソコンがあるからそれぞれで使える。

スポンサーリンク

HDDとSSDを併用したら電源が足りない。

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設。

マグネイトIMにはHDD2つとSSD1つ、ブルーレイドライブ1つを搭載している。しかし、電源コードは3つしかない。4つは搭載できないのだ。なので、4ピン変換コネクタを購入。これで、HDD・SSD・BD全て使える。

eluteng ssd2.5HDD

その時、使った変換コネクタは「ELUTENG HDD/SSDブラケット」って奴。SATAと電源ケーブルが付属している。そしてSSDを3.5インチドライブにも収納可能にする「マウント」も付いている。電源変換・SATA・マウントの3つ付いてくるのが嬉しい。パソコン起動時間も短縮した。

インターネットするにはルーターと子機必要。

WNPU583BとWN-AC1167R

このマグネイトIMにはインターネット接続する為の装備がない。なので、有線接続にはルーター(親機)、無線接続には子機が必要。ブルートゥースも使うならそれも別途必要だ。なので、ネットもブルートゥースも使える子機を探した。

11acが表示されない?IODATA無線LANルーターと5GHz子機購入結果。
最近、使ってた無線LANルーターが不調になった。原因は親機なのか子機なのかは不明。ならば無線LANルーターと子機の両方を変えようと思った。その結果、購入したのが、アイ・オー・データの「WNPU583B」と「WN-AC1167R」だ。 ...

その両方に対応してるのが、アイ・オー・データの「WNPU583B」と「EZCast」だ。どちらも基本性能は同じで、メーカーが有名か無名かの違いである。無名メーカーだけあって「EZCast」は500円安い。これで快適にネットできるのか?

インターネットとブルートゥースを1つで。

WNPU583BとWN-AC1167R

ブルートゥースは電波の影響を受けないので、両方とも問題なし。(アマゾンエコー接続に必要)肝心のインターネットは「EZCast」は11acが繋がりやすい。だが、速度が出ない。通常130Mbpsしか出ない。たまに195Mbps出るだけだ。

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設。
7年間使ったレノボタワー型パソコンと別れを告げ、ドスパラのマグネイトIMを購入。パソコンにはタワー型・スリム型・ノート型とあるが、タワー型がお気に入り。スリム型とノート型はほとんど拡張できない。 それに対してタワー型は拡張自由...

一方、「WNPU583B」は11acに繋がりにくい。普段は11nでネットに繋がる。たまに11acで繋がった時は195Mbpsの速度なのだが…。「WNPU583B」について言えるのはどちらの規格で繋がろうと、快適にネットできるって事。ならば問題ない。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました