Sponsored Link

内蔵型ブルーレイドライブ交換!7000円で映画や録画再生も完璧。

PGユニコーンガンダムLEDユニット装着後、輝くサイコフレームに完成。 パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

前回記事「ブルーレイドライブ購入!DVD・BDXL再生に必要なパソコンソフト付き」の続き。HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)ってのを購入。決めては安さとBDXL対応な事。これで宇宙映画オデッセイも見れる。

映画ブルーレイはパソコン用ドライブとフリーソフトの2つで再生。
パーソナルコンピューター(パソコン)購入時に高画質の映画を見れるようにブルーレイドライブ搭載機を選んだ。実際にブルーレイにデータを保存できていたので、映画も再生できると思ってた。 ある日、レンタルショップで映画ブルーレ...

BDXLは専用のブルーレイディスク(BDメディア)を使うと長時間、大容量記録できる。一般のディスクは25GBだが、最大128GBまで保存可能。BDXLを使うには再生機とBDディスクが対応してる必要がある。

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
Sponsored Link

ブルーレイドライブにBDXL機能は必要か?

落ちた?受かった?面接当日に合否判断!面接官の対応で採否がわかる。

BDXLのディスクに記録して同じブルーレイドライブで見るなら良いが、他のブルーレイ再生機で見る場合は要注意。その再生機もBDXLに対応する必要がある。結婚式とか運動会の動画を記録してプレゼントする時は確認すべき。

3番組同時録画で、地デジもBSも複数再生可能な内蔵TVチューナー。
「IODATA製GV-MVP」を使って5年以上になるだろうか。TVチューナーで、XS2Wと3Wってのがあって2枚のチューナーボート(基板)を使っていた。(以下GV-MVP/XS3W)1枚で2番組同時録画だから、2枚だと4番組同時録画である。...

ブルーレイドライブにBDXLが必要かと言われれば不要。BDXL対応してても内蔵型ドライブの価格は変わらない。だが、BDXL用のディスクが高価。それに一般のブルーレイディスクでも25GBだからこれで充分。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)到着。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)

2層式のディスクを使えば50GBまで保存できる。今回は他のブルーレイドライブと比較して同じ価格ならBDXL対応の方が良いと考えただけ。無いよりはあった方が良い。そしてアマゾンからHLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)到着。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)

当然だが、外観は他の内蔵型ドライブと変わらない。本体も「Blu-ray Disc」の表示があるだけ。奥行きが1cmほど短いからパソコンを自作する人には好まれる。バルク品だから本体のみの到着。バルクとは商品箱や説明書がない代わりに安くなってる商品。

タワー型パソコンの内蔵型Blu-rayドライブ交換。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)

ブルーレイドライブを交換するのは簡単。タワー型パソコンの両サイドの扉を外し、接続してある2つのケーブルも外す。パソコン全面のパネルと固定してあるネジも外せば本体を取り出せる。後は新しいブルーレイドライブを付けるだけ。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)

取付後はブルーレイ再生ディスクをインストール。このBlu-rayドライブ(BH14NS58)にはサイバーリンク社のメディアサイト10と言う再生ソフトが付属。これを使うとBDやDVDが再生できる。インストールしたら動作確認。

Sponsored Link

映画Blu-rayとDVDで動作確認。

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設。

このメディアサイト10にはブルーレイ再生に必要なPowerDVD10(CRPM対応)が含まれる。その他、ライティングソフト(Power2Go )動画画像編集・レーベル印刷・仮想ISOファイルのビューアー等、沢山のソフトが付いている。

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。
アマゾンでずっと品切れだった「Crucial SSD M.2 500GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 CT500P1SSD8JP」を手に入れた!SSDには種類があってM.2と言うマザーボードに装着...

実際に映画を再生してみる。Blu-rayもDVDも問題なく再生できる。使用時にAACSキーを更新しますか?と出るが、当然更新する。これは不正なコピーを防止する機能。録画再生する前に必ず更新しておく。

HLDS内蔵型Blu-rayドライブ(BH14NS58)の使用感。

内蔵型ブルーレイドライブ交換!7000円で映画や録画再生も完璧。

今回購入したBlu-rayドライブ(BH14NS58)を評価する。価格7000円内でBDXL対応。ブルーレイ再生ソフトメディアサイト10も付いてるし、読み書き速度に不満もない。もちろん記録(録画)用BDディスクも購入した。

クルーシャルのSSD(M.2)が遅い!そんな時はあの方法で10倍速にする。
パソコンの起動を速くしたいし、それ以外の反応も速くしたい。って事で「Crucial P1シリーズSSD(M.2)500GB」を購入。アマゾンでは長ったらしい名前で売られてた。「Type2280 PCIe3.0x4 NVMe CT500P1S...

BD-RREの2種類を使い分ける。録画番組の記録には1回だけ書き込めるBD-Rを使い、パソコンのバックアップには何度も書き込めるBD-REを使うのだ。パソコン内部に保存すると膨大な容量になるからディスク保存必須だ。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました