法人設立の必要書類は?流れを知って自分で手続きして費用削減。

会社設立の必要書類は?流れを知って自分で手続きそして費用削減。 副業(ダブルワーク)
この記事は約5分で読めます。

念願の法人設立!個人事業主から法人成りするのか?または新しい仕事を立ち上げるのか?いずれにせよ法人設立は新たな道のりであり、明るい未来への第一歩となる。

では法人設立はどのように手続きすれば良いのか?書類作成費用はいくらなのか?書き方と提出先は?と、様々な疑問が湧いてくる。

美山走希
美山走希

結論、会社設立freeeなら無料で書類作成できる。

スポンサーリンク

法人設立の必要書類は?法人化の費用とデメリット。

税理士は女性向きの資格?短期間で国家資格に合格する方法と仕事内容。

法人設立するって事は法人税と社会保険料の支払いが発生し、法務局での手続きが必要。メリットは会社の信用が高くなり、青色申告で経費と認められる範囲が広くなる。

定款の作成時にかかる収入印紙代・登記手数料・登録免許税等で25万円ほど必要になる。自分で手続きし、電子定款にすればかなり費用を減らせる。

また、株式会社ではなく、合同会社なら費用が7万円前後に抑えられる。ただ、資本金が少なく、株式会社より信用は低い。

会社設立時に司法書士・行政書士に依頼すれば楽だが、専門家に支払う金額は安くない。また、就業規則作成、労働・社会保険の手続きは社会保険労務士が行う。

美山走希
美山走希

なので、会社設立freeeを使って自分で書類作成すれば費用を抑えられる。

副業の確定申告は20万円から?必要書類(節税対策)とやり方を紹介!
副業をしてて所得が20万円を超えたら確定申告が必要。所得とは給料とか収入ではなく、経費を引いた金額である。つまり、「収入-経費=所得」の計算式になる。 この所得金額が20万円を超えると確定申告が必要。なので、所得が20万円なら確定申告...

法人設立の必要書類は?法人化の流れと届出書の作成。

無印良品の「覚悟を決めて仕事をするから大抵の事はできる」の書評。

法人設立するなら定款(会社の基本ルール)を作成し、認証を受ける。だが、合同会社の場合は定款認証は不要。

株式会社は公証役場に法人実印印鑑証明書を持って行き、認証する。

その後、登記に必要な書類(印鑑証明書や発起人の決定書・株式会社設立登記申請書など)を法務局に提出。今後の為に登記事項証明書(登記簿謄本)も入手しよう。

美山走希
美山走希

初めて見る言葉だらけでも会社設立freeeなら簡単に手続きできる。

経理会計ソフトはクラウド型がおすすめ!副業フリーランスの確定申告。
自営業(フリーランス)や、副業してれば気になるのが確定申告。所得が20万円を超えたら確定申告が必要だが、青色申告なら最大65万円の控除が受けられる。 青色申告するには会計ソフトが必要。エクセルを使って自分で管理するのは限界があるし、時...
スポンサーリンク

法人設立の必要書類は?会社設立freeeなら自分で手続きできる。

ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波。

法人設立の流れや書類作成がイマイチよくわからない。そんなあなたでも会社設立freeeなら無料で簡単に書類作成できる。(最短5分で書類作成)

これまで会社設立freeeで2万以上の会社が設立されている。ユーザー満足度も93%と高い水準だから安心して使える。難しそうな法人登記が簡単にできるのは嬉しい。

会社設立freeeは法人設立の知識がなくても案内にそって進むだけで完了する。しかも会社設立freeeでの書類作成は無料。必要な質問に答えるだけで書類ができあがる。

美山走希
美山走希

会社設立freee人事労務ソフトfreeeを併用すれば電子定款の5000円が無料になる。

給料計算ソフトどれにする?源泉徴収票や年末調整書類を無料作成。
給料計算ソフトを使いたいけど、どれにすれば良いのかわからない。初めてだから無料で使える給料計算ソフトがいい。そんなあなたにおすすめのを紹介する。 は給料計算ソフトの40%と、日本一のシェア数を誇る。10万以上の法人や個人事業主に使われ...

法人設立の必要書類は?会社設立freeeなら無料で書類作成できる。

Social Insurance Labor Professional Certificate

法人の銀行口座やクレジットカードも必要に応じて作成できる。株式会社・合同会社・個人事業主からの法人化と、全てに対応してるのが会社設立freee

株式会社設立の場合はこれらの書類を作成できる。(印鑑証明書自分で用意)

  • 法務局に提出する書類登記申請書
  • 登録免許税納付用台紙
  • 就任承諾書
  • 発起人決議書
    (合同会社は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書)
  • 払込を証する書面
  • OCR用紙
  • 印鑑(改印)届出書
  • 登記事項証明書交付申請書
  • 印鑑カード交付申請書
  • 印鑑証明書交付申請書
白色申告とは?副業サラリーマンや、個人事業主の無料会計ソフト。
副業で所得が20万円を超えた!初めて個人事業主として確定申告する!そんなあなたに最適な会計ソフトはがおすすめ。なんと永年無料で使える。 確定申告には白色申告と青色申告がある。青色申告は所得控除が最大で65万円。それに対し、白色申告は青...

法人設立の必要書類は?設立後に必要な書類も簡単作成。

大企業がもらえる助成金一覧!定年延長や高年齢者の転換で500万円?

美山走希
美山走希

会社設立freeeなら法人設立時だけじゃなく、設立後の書類も作れる。

  • 年金事務所に提出する書類
  • 健康保険・厚生年金新規適用届
  • 登記事項証明書(原本)
  • 税務署に提出する書類
  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • 定款(コピー)
  • 登記事項証明書(コピー)
  • 都道府県税事務所に提出する書類
  • 法人設立届出書
  • 定款(コピー)
  • 登記事項証明書(コピー)

法人設立には沢山の書類を作成し、公証役場・法務局・税務署に提出する必要がある。費用も株式会社なら25万円、合同会社でも7万円は必要。

難しい事はわからなくていい。目標は法人設立であり、手続きの専門家になるわけじゃない。会社設立freeeに無料登録さえすればほとんど自動で書類作成してくれる。

美山走希
美山走希

会社設立は会社設立freeeを使い、従業員の給料計算は人事労務ソフトfreee、確定申告はクラウド会計ソフトfreeeを使う。(全部無料)

コメント

タイトルとURLをコピーしました