スポンサーリンク

ドスパラのタワー型パソコン高速化!マグネイトIMをSSDにした結果。

ドスパラのタワー型パソコン購入!拡張自由なマグネイトIMとは? パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

今回はクルーシャルのSSD(Crucial・CT250MX500SSD1 )が付属したが、それ以上の高速化を考えた。SSDはノートパソコンにも収納できる2.5インチが主流。だが、マザーボードによってはM.2を搭載できるのだ。

ドスパラでクレジットカードが使えない?楽天とヤフーでの対処方法。
11月23日から各ネットショッピングで特売(ブラックフライデー)が始まった。楽天市場やドスパラも例外ではない。特にドスパラはブラックフライデーとしてポイント10倍。その上、送料無料キャンペーンまでやっている。 ネットショッピン...

そしてM.2にも種類がある。2.5インチのSSDとメモリのような電子基板のM.2がある。2.5インチのSSDはSATAと言う旧方式を使う為、速度制限がある。だが、M.2は仕組みが異なる為、それ以上の速度を出す事も可能。

スポンサーリンク

マグネイトIMのソリッドステートドライブ。

ct250mx500ssd1

ドスパラでマグネイトIMを購入した訳だが、カスタマイズでSSDにした。これまでハードディスクしか使った事がないんだが、どれだけ速くなるのだろう。付いてきたSSDはCrucial(クルーシャル)の「CT250MX500SSD1 」だ。

ブロガーやユーチュバーも納得!自由自在に拡張できる高性能パソコン。
これまで使ってきたタワー型パソコンを購入してから7年が経過。古いからではないだろうが、これまで数多くのブルースクリーンエラーを生み出して来た。それら全ては私自身で解決したので問題ないのだが、新しいパソコンの購入も考えた。 ...

HDDからSSDにしたからと言って、特に速さは感じない。これまで、起動に3分掛かってたのが、30秒になったから速いのか?それなりの性能があるパソコンならHDDでも30秒で起動できるだろう。

M.2ならインテルのSSDPEKKW256G8XTが欲しい。

グーグルアドセンスとアマゾンアソシエイトの審査通過方法。

M.2と言っても2種類ある。旧式のSATAを使った物と新型のPCI Expressの奴。値段も速度も段違いなので、慎重に選びたい。どうせなら将来を見据えてPCI ExpressのインテルSSDPEKKW256G8XTが欲しい。だが、値段が高すぎる。

ASU650SS-240GT-REC

SSDは日々、値段が下がっている。なので、今M.2を買わなくても安くなってから買えばいい。なので、通常の2.5インチSSDを使ってく事にした。ドスパラのポイントがあったので、ADATAのSSD(ASU650SS-240GT-REC)も追加購入した。

SSDとHDDの併用でパソコンが快適に!

社会保険労務士試験合格後、事務指定講習を受講して独立開業した女性。

SSDにはOS(WIN10)しか載せてない。なので、250GBのSSDでも220GB余っている。他のデータはHDDに保存してるからだ。マグネイトIMにはSSD1台とHDD2台が格納されている。

HDDは合計5TBあるからSSDはOSの起動のみに使われる。ただ、電源コードが足りないから変換マウンタを購入したんだ。4ピンコードをSATAコードに変換する奴。その「ELUTENG HDD/SSDブラケット」のレビューは次回で。

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設」に続く。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました