Sponsored Link

給付はこうやって貰う!待機満了から雇用保険説明会と失業認定まで。

給付はこうやって貰う!待機満了から雇用保険説明会と失業認定まで。 節約生活
Sponsored Link

失業給付を受ける為、ハローワークへ!マイナンバーカードは必須か?」の続き。無職になって、離職票で手続きしたら今度は雇用保険説明会を受講する。地域によって内容も時間も異なるが、私の所では(初回講習ってのは存在しない)2時間掛かった。

解雇等の退職前にやるべき事!雇用保険受給や健康保険のお得な情報。
春は出会いと別れの季節!とは言え、解雇はいつ襲ってくるかわからない。突然の解雇なら驚くだろうが、ある程度勤めればやばい会社(状況)なのか把握できるもの。そんな解雇通知を受けた時の対処法を書いた。 解雇してくる会社なのだから、そ...

解雇や倒産による退職だと就職活動の実績が必要だが、この雇用保険説明会は1回としてカウントされる。初めて参加する人にとっては重要な内容だが、これまで受給した事がある人にとっては眠くなる内容。まあ寝てても何も言われないが。

Sponsored Link

雇用保険説明会の内容。

非正規雇用(アルバイト・契約・派遣)から正社員に転職する方法。

雇用保険説明会には「失業等給付受給者のしおり」を持って行く。筆記用具は不要だった。会場に入ると「雇用保険受給資格者証」が貰える。これで、雇用保険を受給できる者と認められた訳だ。入手したら所定給付日数だけは確認しておこう。

解雇されたら離職票持ってハローワークに行け!無職を助ける給付。
会社に正社員で居ても永遠に在籍できる保証はない。何らかの事情で、解雇(退職)する事はあるだろう。長時間労働で心身ともに疲労する労働者も珍しくない。過労死と言う言葉は日本にしかない。それほど日本は労働時間が長いのだ。 会社を解雇(退職)...

説明会では失業認定と申告書の書き方・求職活動・再就職手当等について語られる。大事なのは説明会の前に応募予定の求人を探しておく事。そうしておけば、説明会終了後、すぐ求人に応募できる。ハローワークに何度も来なくて済むからだ。

失業認定日の手続きと流れ。

開業社会保険労務士の行政協力とは?参加要件・相談場所・謝礼金。

認定日には失業認定申告書と雇用保険受給資格者証を持参する。判子はいらなかった。ハローワークでの指定時間は目安であり、その時間を前後しても構わない。つまり、認定日に行けば時間は問わないって事だ(私の所では)これは助かる。

失業給付を受ける為、ハローワークへ!マイナンバーカードは必須か?
前回記事「解雇されたら離職票持ってハローワークに行け!無職を助ける給付」の続き。解雇され、無職になったのでハローワークに行って来た。これから転職活動するにあたって生活費が必要だからな。雇用保険の手続きに来たのだ。 管轄のハロー...

解雇倒産による退職は2回の求職活動実績が必要。履歴書の書き方やキャリアコンサルティングも対象になるので、普通に活動してれば達成される回数だ。誰もが実践してて、楽なのが職業相談。窓口の待ち時間はあるが、確実に1回の活動となる。

失業認定申告書と雇用保険受給資格者証。

年度更新で概算確定保険料計算!雇用保険2年間の遡り加入手続き。

自分の都合の良い時間帯にハローワークを訪問。総合受付を通らず、直接雇用保険受給の窓口に向かう。クリアファイルが用意されてて、失業認定申告書と雇用保険受給資格者証を挟んで、ポストのような箱に入れる。(ファイルに番号が書かれてる)

その後番号で呼ばれ、失業と求職への応募状況を確認。それで終わり。窓口に呼ばれるまで30分掛かったが、呼ばれてからは2分で終わった。なんて簡単なんだ!きちんと失業認定申告書に記入してたからな。それに全然全く働いてない。

働いた期間がある人は色々質問され、長くなるんだろう。この時、次回の失業認定日を知らされる。この日までに活動実績を満たすのだ。世間ではゴールデンウィーク10連休だが、私の無職生活はいつまで続くのか(^^;)

就職転職活動関連記事。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました