ZenFone Live L1(ZA550KL)で最初に覚える基本操作と設定方法。

ZenFone Live L1(ZA550KL)で最初に覚える基本操作と設定方法。 パソコン・スマホ設定
この記事は約3分で読めます。

2年使った「HUAWEI nova lite」の電池が持たなくなった。買った当初は1週間使えたが、1日で電池切れになる。なので、購入したのが「ZenFone Live L1(ZA550KL)」だ。最新のスマートフォンが1万円弱で買えるなんて安い!

色はローズピンクが良かったが、安かったのがミッドナイトブラックだった。ラクマ(フリマアプリ)で5%OFFクーポンがあったから購入したのだ。「ZenFone Live L1(ZA550KL)」が届いて思ったのが、画面の大きさ。

スポンサーリンク

ZenFone Live L1(ZA550KL)の使用感。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

時代と共に進化して5.5インチが搭載されるようになった。本体は薄くて軽いからカバーを付けても快適に持ち運べる。本体には余計なアプリが入ってないので、削除する手間が省ける。それでも必要な機能は備わっている。

ZenFone Live L1(ZA550KL)を使ってて思ったのが、戻るボタンやホームボタンが消える時がある事。アプリやブラウザ操作中にボタンが表示されないのだ。これは画面下から上に指でなぞる(フリック)とボタンが出てくる。

メニュー画面から各種設定へ。

ZenFone Live L1(ZA550KL)で最初に覚える基本操作と設定方法。

ZenFone Live L1(ZA550KL)は他のスマホみたいに「設定」ボタンがない。これは画面上から下に指でなぞると出てくる。モバイルデータ・懐中電灯・位置情報と言った項目が表示される。

画面をスワイプ(右から左)すると2ページ目が表示。スクリーンショット・データセーバー・バッテリーモードなどがある。

必要な時に使えるよう項目はある程度覚えておこう。懐中電灯・電卓・FMラジオは便利な機能。このメニュー画面の右上の歯車マークから各種設定画面に行ける。

ZenFone Live L1(ZA550KL)の明るさとフォントサイズ。

ZenFone Live L1(ZA550KL)で最初に覚える基本操作と設定方法。

設定画面は無線とネットワーク・アプリと通知と言った項目が並ぶ。まず設定したいのが画面の明るさ。ディスプレイを選択すると「明るさのレベル」を変更できる。画面が眩しいなら明るさを調整しよう。これは自動調節にしても有効だ。

ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較。
2017年4月に購入したHUAWEI nova liteの電池が切れるのが早くなった。2年使ったからそんなものか。 前の富士通アローズM02なんて2年使っても電池は消耗しなかった。さすが国内の一流メーカー富士通だ。富士通アローズM02...

そこから画面下に進むと「フォントサイズ」がある。文字が小さくてみづらいなら大きくしよう。設定に戻ると音とバイブレーションがある。ここで、各種音量や着信音を変更できる。着信音を把握してないと、電話が来ても対処できない。

スポンサーリンク

Googleドライブを100GB増量させる。

ドスパラのゲームも動画編集も優れたパソコン!マグネイトIM開封。

これは本体設定ではないが、グーグルドライブを使う人にはありがたい機能。ZenFone Live L1(ZA550KL)のようなASUSスマホを買うと付いてくるストレージクーポン。2年間だけだが、100GBを無料で増やせるのは凄い。

最新スマホお勧め機種紹介!アンドロイド格安SIM対応(ZenFone Live L1)
前回記事「ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較」の続き。「ZenFone Live L1」は15000円内で買える安価な本体。 セット内容はUSBの電源アダプタとコード、イヤ...

設定はグーグルドライブ→設定→クイックガイドと進む。すると100GBを2年間無料で使うか聞かれるので、利用するを選ぶ。その後、自分のグーグルアカウントでログインすれば完了。無料期間終了時期になるとボーナス容量についてのお知らせをくれる。

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました