スポンサーリンク

LINEモバイルとマイネオの料金プラン比較!速度評判と500MB無料化。

LINEモバイルとマイネオの料金プラン比較!速度評判と500MB無料化。 パソコン・スマホ設定

格安SIMマイネオとLINEモバイル 比較!両方使った感想。速度(4G)についてはどちらも満足。マイネオであれLINEモバイルであれドコモ回線を使ってたから当然。最初はマイネオを使ってたが、後にLINEモバイルに変更した。

LINEモバイル にしたのは利用料金が安かったから。音声通話とデータ通信で比較するとマイネオは500MBで1400円。LINEモバイルは1GBで1200円。LINEモバイルは倍の容量を使えて200円安い

スポンサーリンク

LINEモバイルは大容量、低価格なだけじゃない!

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

マイネオよりLINEモバイル の方が安い事がわかった。それ以外の特徴は?LINEモバイルはLINEフリーと言うサービスがあり、LINEを使ったやりとりは計測されない。つまりデータ容量として消費されない。LINEを頻繁に使うならかなりお得。

最新スマホお勧め機種紹介!アンドロイド格安SIM対応(ZenFone Live L1)
前回記事「ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較」の続き。「ZenFone Live L1」は15000円内で買える安価な本体。セット内容はUSBの電源アダプタとコード、イヤホンが付...

上位のコミュニケーションフリープランだとLINEの他にTwitter・Facebook・Instagramのデータ通信も無料で行える。LINEの年齢認証もできる。更に500MBを無料で使う方法がある。それはnuroモバイルの0SIMを使うこと。

500MB無料のnuroモバイル0SIM。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

LINEモバイル とは別に「nuroモバイル0SIM」ってのがある。これは500MBまで無料で使える驚きの料金プラン。1人SIM1枚と制限があるものの、無料で500MB増えるのは助かる。しかもクレジットカードだけで契約できる。

ZenFone Live L1(ZA550KL)で最初に覚える基本操作と設定方法。
2年使った「HUAWEI nova lite」の電池が持たなくなった。買った当初は1週間使えたが、1日で電池切れになる。なので、購入したのが「ZenFone Live L1(ZA550KL)」だ。最新のスマートフォンが1万円弱で買えるなんて...

本人確認はないので、ネット上で入力するだけ。クレジットカードで支払いの設定をすると後日SIMが郵送される。500MBを超えた分は有料になるが、400MBを超えるとメールでお知らせが来る。携帯電話でも制限を掛けられる。

スポンサーリンク

LINEモバイルと0SIMの併用。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

なので、LINEモバイル と0SIMを契約すれば両方使える。最近多くなったデュアルSIM端末(DSDS)ならSIMを2枚させるからLINEモバイルと0SIMを併用できる。それを実現する為ZenFone Live L1(ZA550KL)を購入した。

ZenFone Live L1(ZA550KL)はトリプルスロット対応でSIM2つとmicroSDの3つを同時に使える。LINEモバイル1GB1200円に0SIMの500MBを加えて1.5GBを1200円で利用している。とてもお勧めな組み合わせだ。

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A
ASUS
初めてのSIMフリースマートフォンだからこそ、ネットや写真を存分に楽しみたい。そんな願いを叶える1台です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました