社労士資格攻略本はこちら

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは? パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

富士通アローズM02を購入して1年が経過した。防水・防塵の端末でマラソンをするのに大いに役立っている。音楽を聴きながらトレーニングする事が多いからな。

これまでドコモやエーユーのSIMを使ってきたが、端末を買ったから格安SIMに乗り換えた。乗り換えたと言っても2年縛りの最中なので、音声用とデータ用の2台持ちなのだ。

つまり、これまで使ってた音声端末に0SIMのデータ用端末を追加したのだ。最初はmineo(マイネオ)との契約を考えていて、エントリーパッケージも購入していた。

  1. nuroモバイルの0SIMを契約後。
    1. 0SIMを実際に使った結果。
    2. 音声通話SIMはどれにするか?
    3. 無料の0SIMとLINEモバイルの併用。
  2. LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。
  3. 電話番号の無いデータ専用SIMで引き継ぎ。
    1. 旧携帯電話にメールアドレスとパスワードの登録。
    2. トーク履歴をグーグルドライブから復元。
  4. LINEモバイルの事務手数料無料!キャンペーンで5000ポイント入手。
    1. マイネオを解約してLINEモバイルへ。
    2. LINEモバイル申込みから開通までの日数。
    3. LINEモバイルの月300円キャンペーン。
  5. LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。
    1. 月々300円から始めるLINEモバイル。
    2. LINEモバイル・ポイントバックキャンペーン。
  6. LINEモバイル公式アカウントとの契約者連携。
    1. LINEモバイル公式アカウントとの連携方法。
    2. 月々300円から!そして5000LINEポイント!
  7. 月々300円から始めるLINEモバイル。
    1. LINEモバイル・ポイントバックキャンペーン。
  8. LINEモバイル公式アカウントとの契約者連携。
    1. LINEモバイル公式アカウントとの連携方法。
    2. 月々300円から!そして5000LINEポイント!
      1. スマートフォン(携帯電話)関連記事。
      2. スマートフォン(携帯電話)関連記事。
スポンサーリンク

nuroモバイルの0SIMを契約後。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

しかし、ソネットの0SIMが登場したので、0SIMで契約したのだ。スマートフォンは家でのWi-Fiが主体だから、外出先でネットに繋ぐのは稀なのだ。

見知らぬ土地に行ってグーグルマップを使う時ぐらいだな。データ専用SIMなので、契約は簡単。本人確認はないので、ネット上で入力するだけ。後はクレジットカードで支払いの設定をするだけだ。

500MBを超えたら有料になるので、あらかじめ設定するんだな。その後、クロネコヤマトの宅急便で0SIM到着。無料でインターネットできるなんて嬉しい限り。

0SIMを実際に使った結果。

アマゾンジャパンのカスタマーサービスセンター面接採用試験を受けた女性達。

0SIMを使ってから通信費にお金がかからなくなった。1ヶ月のデータ使用量は200MBだから半分も使ってない。上限が500MBでも300MB余る。

契約してから1年が経過した今でも同様で、毎月200MBしか使ってない。格安SIMどころか本当に0円のSIMだった。難点は1人に1契約である事。契約してるのはデータ専用SIMだから(電話回線を使った)通話はできない。

2回線目も契約できれば音声SIMにするんだが仕方ない。通信費がかからなくなっただけでも有り難い。エーユーの2年縛りを解除したら別の音声SIMを契約しよう。

音声通話SIMはどれにするか?

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

音声用と通信用のスマートフォン2台持ちは大変なので「更新月」になったらエーユーを解約する。そして1台のスマートフォンで通話も通信もできるようにするのだ。

選択肢は複数あって、「0SIMを契約したままマイネオやLINEモバイル を契約する方法」と「データ専用の0SIMを解約して新たに音声通話の0SIMを契約する方法」と2種類だ。「0SIMを解約して0SIMを再契約する」方法は面倒なので却下。

無料の0SIMとLINEモバイルの併用。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

なので、「0SIMを契約したままマイネオやLINEモバイル を契約する方法」に決定。最近多くなった「デュアルSIM端末」ならSIMを2枚させるから今の0SIMに新たな音声通話SIMを契約すれば良い。

だが、今使ってるスマートフォンはデュアルSIMに対応してないので、別の端末を買う必要がある。そこで、選んだのが「gooのスマホ(g07・CP-J55a)」だ。スマートフォン本体「gooのスマホ(g07・CP-J55a)」はデュアルSIMは勿論、デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応してるのが嬉しい。

契約するSIMについてはマイネオとLINEモバイル で迷った。マイネオも捨てがたいが、LINEモバイルはアプリからだと通話無料になるからLINEモバイルを契約しよう。これでLINEモバイルの1GBと0SIMの500MBを合わせて使える。

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。

auの携帯電話を解約したので、マイネオのスマートフォンに機種変更する。携帯電話が変わればLINEも移動せねばならん。フェイスブックならどの端末でもログインできるが、LINEだと1つの端末しかログインできないからな(パソコンを除く)

んな訳でLINEの引っ越し方法を調べる。慎重に進めないとこれまで登録した友達と会話内容(トーク履歴)が全部消えてしまう。細心の注意を注意を払いながら引継ぎ作業を行う。万が一の為に前の端末を所持した状態で、LINEの引継ぎをした方が良い。

電話番号の無いデータ専用SIMで引き継ぎ。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?

私が使用した携帯電話はデータSIMなので、電話番号を登録してない。連動してるのはフェイスブックだけだ。なので、あらかじめ新携帯電話でフェイスブックにログインしておくと良い。

あくまで、LINEと連動してるフェイスブックが必要だ。連動してないフェイスブックでは当然、引き継げない。データSIMは電話番号がないからメールアドレスとパスワードの登録必須。

歯車マークからその他→設定→アカウントと進む旧携帯電話でメールアドレス・パスワードを登録したらいよいよ新端末へ移行させる。新携帯電話でメールアドレスとパスワードを入力。

旧携帯電話にメールアドレスとパスワードの登録。

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。

歯車マークから設定する。

旧携帯電話でLINEにログインしたら画面右上の設定画面(歯車)から基本設定のトークから「トーク履歴のバックアップ」に進む。グーグルドライブにバックアップするには事前にグーグルのメールアドレスが必要。

グーグルと連動する事で、バックアップ可能となる。そして旧携帯電話の設定からアカウント引き継ぎ設定で「アカウントを引き継ぐ」にしておく。データSIMは電話番号がないからフェイスブックでログインを選択。

無事に認証できれば、新しい携帯電話でLINEを使える。当然、古い携帯電話でLINEは使えない。データSIMなので、今回も電話番号認証は不要(スキップ)だ。

トーク履歴をグーグルドライブから復元。

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。

新端末でLINEにログインしたら画面右上の設定画面(歯車)から基本設定のトークから「トーク履歴のバックアップ」に移動して復元を選ぶ。これで、旧携帯電話でのトーク履歴も引き継げる。

電話番号のないデータSIMでも問題なくLINEを引き継げる。LINEの引継ぎ方法をまとめると、旧携帯電話でメールアドレスとパスワードを登録。トーク履歴をグーグルドライブにバックアップして、アカウント引き継ぎ設定。

新携帯電話でメールアドレスとパスワード入力後、フェイスブックでログイン。トーク履歴をグーグルドライブから復元して完了。もちろん、データSIMから音声SIMへの引き継ぎも可能だ。

LINEモバイルの事務手数料無料!キャンペーンで5000ポイント入手。

AU2年縛りを解約金不要でマイネオに乗換え。格安SIMは絶対に得だぞ!

これまでマイネオを使って来たんだが、LINEモバイル の方が良いとわかった。マイネオだと500GBで1400円(デュアルタイプ音声通話ドコモ)LINEモバイルだと1GBなのに音声通話1200円。これはお得すぎる。

通信速度や容量なんてどうでも良いのだ。普段Wi-Fiでしか使ってないから。安くてそれなりの容量があればそれで良い。マイネオ申込時は「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン」ってのをやってて1年間安く利用できた。

それで、マイネオは1514円から972円を引いた540円で利用できた。そして、LINEモバイルは6ヶ月300円キャンペーンが開催されていた。これはLINEモバイルに移る絶好の機会。※キャンペーンには期限がある。

マイネオを解約してLINEモバイルへ。

LINE引継ぎ方法!電話番号なくてもフェイスブックで機種変更する。

更に「LINEポイント大放出キャンペーン」で、キャンペーンコード「TMTM0202」を入力したから開通後に5000LINEポイントが手に入る。LINEアカウントと契約者連携を忘れずにやっておこう(LINEポイント受け取りに必要)

通常、音声SIMでもデータSIMでも申込み当日か翌日には審査完了するようだ。だが、スリーコイン(300円)キャンペーンの影響か、月初めの申込みは時間が掛かった。11月1日に申し込んで、審査連絡が11月3日。

LINEモバイル申込みから開通までの日数。

HUAWEI nova liteは軽くて高性能なだけじゃない!電池持ちも抜群。

通常、申込み翌日に「契約成立のお知らせ」のメールが届く。だが、この日届いたメールは「お申し込み内容についてのご確認」だった。内容は健康保険証の裏に住所が書いてないから。なんの為に住民票を付けてるんだ。住民票の意味がない。

健康保険証の裏に住所が書いてないんだから変更がないに決まってる。これで、新規開通の時期が遅れた。仕方なく健康保険証裏面もアップロードして審査通過。この時点で11月5日なので、キャンペーン対象外になっちまった。

LINEモバイルの月300円キャンペーン。

メルカリ・ラクマ・ヤフオクフリマどれが1番売れるのかを徹底検証。

11月6日までに利用開始日を迎えられれば6ヶ月間300円。7日以降は3ヶ月300円。差がありすぎる。結果、1日に申込み・3日に再度アップロード・4日に審査通過「契約成立のお知らせ」

5日に発送・6日に到着・7日が利用開始日。仕方ない。それでもマイネオだと500GBで1500円だったのが、LINEモバイル だと1GBで、1200円だ。容量が増えたのに料金は安くなった。

カンファレンスバナー

契約者連携もしたから翌年2月には5000LINEポイントが入ってくる。このLINEポイントを毎月の利用料金支払いに当てよう。LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

11月にキャンペーンを利用してLINEモバイル に加入してた。そのキャンペーンてのが「5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」って奴だ。

コミュニケーションフリーの3GBでも300円とは安い!コミュニケーションフリープランてのはツイッター・フェイスブック・LINE・インスタグラムの通信量が無料になるプランだ。このLINEモバイル の最大の特長である。

月々300円から始めるLINEモバイル。

LINE引継ぎ方法!電話番号なくてもフェイスブックで機種変更する。

私の場合は500MBでも使い切れないから最安のLINEフリープランにした。容量1GBで月々300円。キャンペーンの適用でこの価格が3ヶ月続く。(キャンペーン時期によって異なる)あとLINEモバイル だと「いつでも電話」アプリが使える。

音声通話SIMを使ってると通話料を半額にできる。音声SIMってのは電話もできるスマホって事だ。データSIMでは通話できない。電話する時にこの「いつでも電話」から発信すれば通話料金が半額になる。

LINEモバイル・ポイントバックキャンペーン。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

月々300円から始められるだけでも凄い。だけどもっと凄いのが5000LINEポイントプレゼントだ。LINEモバイル を使い始めてから3ヶ月後に付与される。そしてこのLINEポイントは月々のスマホ代として使えるのだ。

実質、5000円貰えるって事だな。とてもお得なキャンペーンだ!注意点は2つ。1つはLINE申込み時にキャンペーンコード「TMTM0505」を入力。2つ目は音声通話SIMを選択する事。あとはキャンペーン内で申込みすれば良い。

LINEモバイル公式アカウントとの契約者連携。

実況!エックス(サーバー)ドメインからお名前ドットコム移管方法。

LINEモバイル加入時に事務手数料3240円発生する。これを無料にするにはエントリーパッケージを使うと良い。アマゾンで400円で買える。そしてキャンペーン併用可能ってのが嬉しい。LINEモバイル申込み前に買っておこう。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

無事にLINEに加入できた。そしたら契約者連携が必要だ。LINE公式アカウントと契約者連携するとキャンペーンの5000ポイントが貰えるようになる。これはLINEモバイル 加入直後にやっておかないと契約者連携を忘れかねない。

LINEモバイル公式アカウントとの連携方法。

HUAWEI nova liteは軽くて高性能なだけじゃない!電池持ちも抜群。

まずはLINEモバイルのマイページにログイン。パソコンだと左側に利用状況・契約内容確認とか並んでいる。そこから各種手続きの「LINEアカウント連携」を選択。LINEアカウント連携状況の所で切り替えられる。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

あとは5000ポイント付与されるのを待つだけ。実際にLINEモバイル 加入から3ヶ月後に付与された。これを月々のスマホ代として使う。この設定は契約内容確認から「支払方法・ポイント利用」を選択。LINEポイント利用の所で変更できる。

月々300円から!そして5000LINEポイント!

5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」のキャンペーンでお得に

11月にキャンペーンを利用してLINEモバイル に加入してた。そのキャンペーンてのが「5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」って奴だ。

コミュニケーションフリーの3GBでも300円とは安い!コミュニケーションフリープランてのはツイッター・フェイスブック・LINE・インスタグラムの通信量が無料になるプランだ。このLINEモバイル の最大の特長である。

月々300円から始めるLINEモバイル。

LINE引継ぎ方法!電話番号なくてもフェイスブックで機種変更する。

私の場合は500MBでも使い切れないから最安のLINEフリープランにした。容量1GBで月々300円。キャンペーンの適用でこの価格が3ヶ月続く。(キャンペーン時期によって異なる)あとLINEモバイル だと「いつでも電話」アプリが使える。

音声通話SIMを使ってると通話料を半額にできる。音声SIMってのは電話もできるスマホって事だ。データSIMでは通話できない。電話する時にこの「いつでも電話」から発信すれば通話料金が半額になる。

LINEモバイル・ポイントバックキャンペーン。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

月々300円から始められるだけでも凄い。だけどもっと凄いのが5000LINEポイントプレゼントだ。LINEモバイル を使い始めてから3ヶ月後に付与される。そしてこのLINEポイントは月々のスマホ代として使えるのだ。

実質、5000円貰えるって事だな。とてもお得なキャンペーンだ!注意点は2つ。1つはLINE申込み時にキャンペーンコード「TMTM0505」を入力。2つ目は音声通話SIMを選択する事。あとはキャンペーン内で申込みすれば良い。

LINEモバイル公式アカウントとの契約者連携。

実況!エックス(サーバー)ドメインからお名前ドットコム移管方法。

LINEモバイル加入時に事務手数料3240円発生する。これを無料にするにはエントリーパッケージを使うと良い。アマゾンで400円で買える。そしてキャンペーン併用可能ってのが嬉しい。LINEモバイル申込み前に買っておこう。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

無事にLINEに加入できた。そしたら契約者連携が必要だ。LINE公式アカウントと契約者連携するとキャンペーンの5000ポイントが貰えるようになる。これはLINEモバイル 加入直後にやっておかないと契約者連携を忘れかねない。

LINEモバイル公式アカウントとの連携方法。

HUAWEI nova liteは軽くて高性能なだけじゃない!電池持ちも抜群。

まずはLINEモバイル のマイページにログイン。パソコンだと左側に利用状況・契約内容確認とか並んでいる。そこから各種手続きの「LINEアカウント連携」を選択。LINEアカウント連携状況の所で切り替えられる。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。

あとは5000ポイント付与されるのを待つだけ。実際にLINEモバイル 加入から3ヶ月後に付与された。これを月々のスマホ代として使う。この設定は契約内容確認から「支払方法・ポイント利用」を選択。LINEポイント利用の所で変更できる。

月々300円から!そして5000LINEポイント!

5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」のキャンペーンでお得にLINEモバイル を開始できた。しかもエントリーパッケージで事務手数料3240円は無料。「いつでも電話」で通話料半額。

こんなにキャンペーン盛りだくさんで、月々の料金も安いなんて大助かりだ。キャンペーンには期限があるから早めに申し込もう。加入時は審査があって時間も掛かるのだ。まずはホームページをチェックしよう→【LINEモバイル

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

を開始できた。しかもエントリーパッケージで事務手数料3240円は無料。「いつでも電話」で通話料半額。

こんなにキャンペーン盛りだくさんで、月々の料金も安いなんて大助かりだ。キャンペーンには期限があるから早めに申し込もう。加入時は審査があって時間も掛かるのだ。まずはホームページをチェックしよう→【LINEモバイル

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました