お得な商品・セール・クーポン情報はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

LINEモバイルの事務手数料無料!キャンペーンで5000ポイント入手。

LINEモバイルの事務手数料無料!招待コード付き(開通してみた) パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

これまでマイネオを使って来たんだが、LINEモバイルの方が良いとわかった。マイネオだと500GBで1400円(デュアルタイプ音声通話ドコモ)LINEモバイルだと1GBなのに音声通話1200円。これはお得すぎる。

Sponsored Link

マイネオとLINEモバイル比較。

AU2年縛りを解約金不要でマイネオに乗換え。格安SIMは絶対に得だぞ!

通信速度や容量なんてどうでも良いのだ。普段Wi-Fiでしか使ってないから。安くてそれなりの容量があればそれで良い。マイネオ申込時は「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン」ってのをやってて1年間安く利用できた。

それで、マイネオは1514円から972円を引いた540円で利用できた。そして、LINEモバイルは6ヶ月300円キャンペーンが開催されていた。これはLINEモバイルに移る絶好の機会。※キャンペーンには期限がある。

マイネオを解約してLINEモバイルへ。

LINE引継ぎ方法!電話番号なくてもフェイスブックで機種変更する。

更に「LINEポイント大放出キャンペーン」で、キャンペーンコード「TMTM0202」を入力したから開通後に5000LINEポイントが手に入る。LINEアカウントと契約者連携を忘れずにやっておこう(LINEポイント受け取りに必要)

AU2年縛りを解約金不要でマイネオに乗換え。格安SIMは絶対に得だぞ!
やっとこの日が来た。AUを無料で解約できる日だ。これまで2年割(誰でも割)使ってたから更新月以外に解除すると解除料9500円発生する。更新月は2ヶ月あってこの期間内なら解約解除料不要で、AUを解約できるのだ。なにも解約にこだわる必要はない。...

通常、音声SIMでもデータSIMでも申込み当日か翌日には審査完了するようだ。だが、スリーコイン(300円)キャンペーンの影響か、月初めの申込みは時間が掛かった。11月1日に申し込んで、審査連絡が11月3日。

LINEモバイル申込みから開通までの日数。

HUAWEI nova liteは軽くて高性能なだけじゃない!電池持ちも抜群。

通常、申込み翌日に「契約成立のお知らせ」のメールが届く。だが、この日届いたメールは「お申し込み内容についてのご確認」だった。内容は健康保険証の裏に住所が書いてないから。なんの為に住民票を付けてるんだ。住民票の意味がない。

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。
auの携帯電話を解約したので、マイネオのスマートフォンに機種変更する。携帯電話が変わればLINEも移動せねばならん。フェイスブックならどの端末でもログインできるが、LINEだと1つの端末しかログインできないからな(パソコンを除く) ...

健康保険証の裏に住所が書いてないんだから変更がないに決まってる。これで、新規開通の時期が遅れた。仕方なく健康保険証裏面もアップロードして審査通過。この時点で11月5日なので、キャンペーン対象外になっちまった。

LINEモバイルの月300円キャンペーン。

メルカリ・ラクマ・ヤフオクフリマどれが1番売れるのかを徹底検証。

11月6日までに利用開始日を迎えられれば6ヶ月間300円。7日以降は3ヶ月300円。差がありすぎる。結果、1日に申込み・3日に再度アップロード・4日に審査通過「契約成立のお知らせ」5日に発送・6日に到着・7日が利用開始日。

マイネオ紹介キャンペーンコードあり!アマゾンギフト券2000円。
唐突ながら紹介コードのみ欲しい人はこの「リンク」から進むと私から紹介された事になります。マイネオでは紹介キャンペーンを頻繁に開催してるので、紹介された状態でマイネオを契約するとアマゾンギフト券やEJOICAセレクトギフトが貰えるのだ。(金額...

仕方ない。それでもマイネオだと500GBで1500円だったのが、LINEモバイルだと1GBで、1200円だ。容量が増えたのに料金は安くなった。契約者連携もしたから翌年2月には5000LINEポイントが入ってくる。このLINEポイントを毎月の利用料金支払いに当てよう。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

パソコン・スマホ設定
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
reviewerをフォローする
Sponsored Link
reviewer

毎日のようにアマゾンと楽天市場で商品を購入している。実際に商品を使って、良い点、悪い点をブログに書いている。

reviewerをフォローする



パソコンを爆速にするお勧めSSD!

専用のM.2スロットが必要だが、現代最速の快適さ。
性能と値段のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れる。
安心のインテル製品。
容量も豊富な256GB。
M.2購入時にクーラー(ヒートシンク)も買うと良い。
M.2接続/64層3D TLC NAND採用 NVMe M.2 SSD

大容量にして激安!500GB
Crucial 500GB 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) SSD
シーケンシャル読み取り:560MB/s;シーケンシャル書き込み:510MB/s
インターフェース:SATA 6.0Gb/s
保証期間:5年間 (MTTF 180万時間)

信頼・安心のインテル製品256G。
SSDはOS(WIN10)を入れる大事な部分。
もしもの事があったらノートパソコン等が使えなくなってしまう。
インテル製品なので、効果だがその分安心して使える。
SSDの速度も充分で、末永く活躍してくれる。
シーケンシャルリード:最大550 MB/s
シーケンシャルライト:最大500 MB/s

240GBでありながら4000円以下の安さ。
安くてもしっかり動作し、初めてのSSDに最適!
製品のタイプ:2.5 "SATA3
インターフェイス:SATA 3 アルミ
インタフェースタイプ:SATAIII 6Gb / s
サイズ:2.5インチ/ 100 × 70 × 7 mm
フラッシュメモリ:3D NAND
シーケンシャル読み取り:500 MB/S
シーケンシャル書き込み:450 MB /S

Sponsored Link
アマゾンと楽天市場の最新商品をレビューしたブログ(スマホパソコン)

コメント

高速無線LAN子機ランキング

TP-Link 11ac MU-MIMO 866+400Mbps Archer T3U

866 + 400Mbpsと言う驚異の高速性能。Wi-F電波も強力。

TP-Link MU-MIMO無線LAN子機 Archer T3U
MU-MIMO対応:最先端の無線LAN技術MU-MIMOに対応。従来よりも効率的な無線LAN通信を実現。

高速Wi-Fi速度:AC1300規格(5GHz:867Mbps , 2.4GHz: 400Mbps)で高速なWi-Fi環境を構築します。次世代無線LAN規格11AC対応。
デュアルバンド対応:無線LAN帯域の2.4GHzと5GHz両方に対応。

IO-DATA Bluetooth v4.0対応433Mbps WNPU583B

■本商品は、Bluetooth(R) v4.0&IEEE802.11ac規格に対応した無線LAN子機(USBアダプター)です。5GHz帯、2.4GHz帯ともに対応し、433Mbps(規格値)の通信が可能。Bluetooth(R) v4.0に対応し、これ1台で高速無線LANとBluetooth(R)のどちらも同時にご利用いただけます。

■11acで最大433Mbps、11nで最大150Mbps(規格値)のスピードで利用可能な無線LAN子機です。
「11ac」をはじめ11n/a/g/bに対応しているので、規格を気にすることなく安心してご利用いただけます。

EZCast USBアダプタ5G/2.4G Bluetooth4.2

安さ重視の無線LAN子機。無線接続もブルートゥース接続も可能!11acで、最新の無線LANルーターとの相性も抜群。

Bluetoothレシーバー内蔵された新版EZCast 5G / 2.4Gデュアルバンドワイヤレスアダプターは、安定した高速Wi-Fi信号を提供。

bluetoothヘッドセットやキーボードなどのbluetoothデバイスを音楽コンピュータに接続し、制御。

タイトルとURLをコピーしました