スポンサーリンク

Office Premiumプレインストール版を最新の2019にアップグレードした。

Office Premiumプレインストール版を最新の2019にアップグレードした。 パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

Officeのソフト(アプリ)なんて付いてないと思って買ったノートパソコン。CPUは7世代だが、新品パソコンが4万円なんて掘り出し物だ。Officeは付いてなくて当然。実際、コントロールパネルのプログラムとアンインストールには表示されてなかった。

ブルースクリーン連発でKP41病に!予備の2台目ノートパソコン購入。
買うならタワー型か、ノートパソコンしかない。スリム型は中途半端だからな。タワー型はあらゆる拡張が可能で、ハードディスクやメモリはもちろん、電源やグラフィックボードも容易に交換できる。タワー型にせよノートパソコンにせよ買うのは「Intel Core i5」以上と決めている。ユーチューブへの投稿はほとんどないが、ブロガーとしてやる事は沢山ある。なので、CPUは絶対に「Intel Core i5」以上が必要。

スタートメニューにはワード・エクセル・パワーポイント・アウトルック・ワンノートの表示はあった。きっとプロダクトキーがないから使えないと思っていた。購入から3ヶ月過ぎたある日、プログラムの更新があった。その時はOSとかセキュリティのアップデートだと思っていた。

スポンサーリンク

Microsoft Office Home & Busines Premiumが自動インストール?

メモリが余ってるのにメモリ不足?ブラウザが頻繁に落ちる原因調査。

後日、プログラムとアンインストールを見たら「Microsoft Office Home & Busines Premium」と書いてあった。Office非搭載のパソコンだと思ってたんだが何故だろう?実際にワードとエクセルを立ち上げてみた。

エイサーのノートパソコンが激安高性能!Corei5搭載のAspire E15とは?
エイサーのノートパソコン(E5-576-F54D/WF)購入。お勧めはアマゾンで購入する事。搭載メモリは4GBでなりながらSSD256GBが付いてる。これはお得だ。SSDで256GBと言ったら7千円から1万円するからな。最初からSSDが付いてる方が交換する手間もはぶける。

すると、プロダクトキーが自動で確認されたみたいでワードもエクセルも使えるようになった。恐らく、パソコン購入時のお試し版なんだろう。やがて期限切れで使えなくなるだろう。でもワードやエクセルを立ち上げる時のあの表示はなんだろう?

ワード・エクセル起動時の365表示。

シンプリシティからコクーンに変更!ワードプレステーマを再設定。

立ち上げる度に365って表示されるんだよな。よく調べるMicrosoft Officeを期間限定で使える事がわかった。やっぱり1年限りの試用版なんだな。365ってのは1年間有効で、最新のMicrosoft Officeが使えるって事。(常に更新される)

ノートパソコンの選び方!お勧めはSSDとメモリ増設が簡単なこのPC。
ノートパソコンはCPUで決める。当然ながら高性能なCPUほど値段が高い。インテルコア7は10万円・インテルコア5は7万円・インテルコア3は4万円なら安いと言える。マイクロソフトオフィス付きかどうかでも値段は変わる。あとはハードディスク(HDD)とSSDだ。ハードディスクは大容量だが、速度は遅い。SSDは少ない容量だが、高速。

でも気になる。ワードやエクセルのアカウントを見ると「Microsoft Office Home & Busines Premium」と書いてある。オフィス365ならライセンスされた製品の所に「サブスクリプション製品」と表示されるはずだ。

スポンサーリンク

Office Premium搭載パソコンだと?

グーグルアドセンスとアマゾンアソシエイトの審査通過方法。

そしてとことん調べた。パソコンには「Office Premium」と「Office365」が標準装備された物がある。Office365はモバイルで使えたり、OneDriveを1TBにしてスカイプを1ヶ月60分無料で使える。(Office365は単体でも販売されている)

ドスパラのタワー型パソコン高速化!マグネイトIMをSSDにした結果。
今回はクルーシャルのSSD(Crucial・CT250MX500SSD1 )が付属したが、それ以上の高速化を考えた。SSDはノートパソコンにも収納できる2.5インチが主流。だが、マザーボードによってはM.2を搭載できるのだ。 ...

「Office Premium」は永久に使えて、常に最新バージョンに更新される。なんてお得なんだ!これからOffice2022とか2025とかが発売されても無料でアップグレードできる訳だ。しかも「Office Home & Busines」が。

Microsoft Office Home & Busines2019へ。

IODATA製GV-MVP/XS2Wに3Wを追加する為にWIN10クリーンインストールした女性。

折角、「Office Premium」搭載なのだから最新バージョンのOffice2019にしておこう。ワード・エクセル・パワーポイントのアカウント画面へ。そうすると、Microsoft Officeの更新画面になる。ここにある「今すぐ更新」を押せば良い。

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設。
7年間使ったレノボタワー型パソコンと別れを告げ、ドスパラのマグネイトIMを購入。パソコンにはタワー型・スリム型・ノート型とあるが、タワー型がお気に入り。スリム型とノート型はほとんど拡張できない。 それに対してタワー型は拡張自由...

2019年1月22日にMicrosoft Office2019が発売された。これは永久にOfficeが使える買い切り型。Office2019のワードは翻訳機能が追加、エクセルでは新しい計算式や3Dオブジェクトも使える。Microsoft Office2019はぜひ買っておきたい。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました