ノートパソコンにM.2を増設して光の速さに?SSDの種類や機能を解説。
Sponsored Link

ノートパソコンにM.2を増設して光の速さに?SSDの種類や機能を解説。

ノートパソコンにM.2を増設して光の速さに?SSDの種類や機能を解説。 パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

購入したノートパソコンにM.2(エムドットツー)スロットがある事から増設する事にした。メモリも4GBで使ってたから8GBに一緒に増設。ノートパソコンの動作速度に不満はないが、どのくらい速くなるのか試したいのだ。

Sponsored Link

SSDはM.2と2.5インチの2種類ある。

ASU650SS-240GT-REC

今回、購入したのはシリコンパワー製のM.2で、240GBである。5000円内で250GB付近のSSDが買えるなんて安くなったものだ。ハードディスクがそうだったようにこれからも値下がりし続けるだろう。

SSDは基板の物とスマートフォンより若干大きい(2.5インチ)がある。基板の物はM.2と呼ばれ、ドライブベイやケーブルを使わなくても増設できる。マザーボードに直接付けるからノートパソコンでもHDDとSSDを併用できる。

M.2には物によって基板の長さや厚さが異なる。

いつものようにアマゾンで購入してM.2が到着。あまりの小ささに驚いた!パソコンメモリの大きさを想像してたので、その半分程度の長さと幅。買ってから気づいたんだが、2280って言う規格(長さ)だった。

爆速の無線LAN子機発見!驚異の高速スピードで快適インターネット。
インターネットが遅い。ホームページ閲覧は問題ないが、動画は厳しい。速度は130Mbpsだが、今の時代はより高速化されてる。んな訳で無線LANルーター(親機)と子機を変更した。昔の無線LANルーターより速いに決まってる。 購入し...

2280ってのは一般的な長さで、ノートパソコンにも装着できた。これで、HDDとSSDの両方が使えるようになった!と思っていたらそうでもなかった。SSDは単なるデーターの保存庫ではない。OS起動ドライブとして活躍してもらう

Sponsored Link

M.2(エムドットツー)も2種類ある。

M.2はSATA接続とPCI Express接続「通称NVMe(エヌブイエムイー)」がある。PCI Express(NVMe)接続の方が速度が速くて値段も高い。とは言えSATA接続でもHDDに比べればかなりの速さである。どうやってM.2の種類を見分けるのか?

それは簡単。M.2の先端(初音ミクの右手側)に金色の接続部分がある。ここにある切れ目が1つならPCI Express(NVMe)対応。切れ目が2つならSATA接続。今回はノートパソコン(予備機)である事から性能と安さでSATA接続のM.2を選んだ。

M.2がパソコンに認識されない時の対処法。

ノートパソコンにM.2を装着したものの、パソコンが認識しない。これには唖然とした。HDDやUSBメモリならパソコンに装着しただけで使える。それがM.2だとドライブ一覧に表示されない。設定が必要なのか不良品なのか?

Office Premiumプレインストール版を最新の2019にアップグレードした。
Officeのソフト(アプリ)なんて付いてないと思って買ったノートパソコン。CPUは7世代だが、新品パソコンが4万円なんて掘り出し物だ。Officeは付いてなくて当然。実際、コントロールパネルのプログラムとアンインストールには表示されてなか...

調べるとM.2(SSD)はフォーマットが必要とわかった。画面左下のウィンドウズ旗マーク上で、右クリック。コンピューターの管理→ドライブの管理に進む。フォーマットするドライブ上で右クリックしてフォーマットを実行。

ノートパソコンにM.2(SSD)とメモリを増設したら7秒でOS起動した。
7年間使っていたタワー型パソコンがブルースクリーンや、ネットワークエラーを連発するようになった。パソコン1台だと何かの時にはスマートフォンで調べるしかない。小さな画面で見るのは目が疲れるし、キーボードも使えない。 なので、購入...

シリコンパワー製のM.2(SP240GBSS3M55M28)がドライブとして表示された買ってから気が付いたがこのM.2は購入から3年保証が付いていた。シリコンパワー社は日本にもあってそれなりに信頼できるSSDメーカーらしい。「ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波」に続く。

パソコン・インターネット関連記事。

パソコン・スマホ設定
Sponsored Link
この記事を友達とシェア(共有)
向日葵美駆をフォローする
Sponsored Link
アマゾンと楽天市場の最新商品をレビューしたブログ(スマホパソコン)

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました