Sponsored Link

ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波。

ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波。 パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

7年ほど使ってたバッファローの無線LANルーターを新しい物に変えた。インターネットで途切れる事が多くなり、より速いルーターが欲しくなった。近年、発売された高性能ルーターを買うなら親機だけでなく、子機も買わねば力を発揮できない。

エイサーのノートパソコンが激安高性能!Corei5搭載のAspire E15とは?
エイサーのノートパソコン(E5-576-F54D/WF)購入。お勧めはアマゾンで購入する事。搭載メモリは4GBでなりながらSSD256GBが付いてる。これはお得だ。SSDで256GBと言ったら7千円から1万円するからな。最初からSSDが付いてる方が交換する手間もはぶける。

なので、親機と子機の両方を買うことにした。親機ってのは弁当箱ぐらいの大きさで電波を飛ばす元となる。対する子機は親機からの電波を受ける物で、USBタイプが主流。親機も子機も幅広い性能幅と値段差がある。

Sponsored Link

無線LANルーターの対応規格が重要。

WNPU583BとWN-AC1167R

無線LANルーターは日々進化してて、「規格」も増える。5年以上前の時代は11nがもっとも速い規格だった。速度は300Mbps以上あれば速い方。今では最新規格11acが主流で、2000Mbps前後の無線LANルーターも販売されている。

ノートパソコンの選び方!お勧めはSSDとメモリ増設が簡単なこのPC。
ノートパソコンはCPUで決める。当然ながら高性能なCPUほど値段が高い。インテルコア7は10万円・インテルコア5は7万円・インテルコア3は4万円なら安いと言える。マイクロソフトオフィス付きかどうかでも値段は変わる。あとはハードディスク(HDD)とSSDだ。ハードディスクは大容量だが、速度は遅い。SSDは少ない容量だが、高速。

初代バッファロールーターから次の無線LANルーターを探す時、安さを重視した。最低限11acに対応してればどれも変わらないと思っていた。それに、アイ・オー・データから売られてる「WNPU583B」って言う商品が気になっていた。

ルーター選びは親機と子機の速度上限に注意。

WNPU583BとWN-AC1167R

無線子機としてだけでなく、ブルートゥースも備えていたからだ。なので、同じアイ・オー・データの「WN-AC1167R」も買ったんだ。親機と子機を買い替えた事で、ネットワークエラーは出なくなった。

ドスパラのタワー型パソコン購入!拡張自由なマグネイトIMとは?
これまで使ってきたタワー型パソコンを購入してから7年が経過。古いからではないだろうが、これまで数多くのブルースクリーンエラーを生み出して来た。それら全ては私自身で解決したので問題ないのだが、新しいパソコンの購入も考えた。 ...

だが、電波が弱くて速度が遅い。昔のバッファロールーターと変わらん。ネット閲覧だけならそれで良い。だが、ブロガーとしては納得できない。ブロガーは情報収集や画像のアップロード等、ネットワークの速さが重要なのだ。それに現代のルーターはもっと速いはず。

ドスパラのゲームも動画編集も優れたパソコン!マグネイトIM開封。
前回の記事「ドスパラのタワー型パソコン購入!拡張自由なマグネイトIMとは?」の続き。アマゾンや楽天市場で、お気に入りタワー型パソコンを探した。途中、マウスコンピュータとドスパラのマグネイトIMで迷うもドスパラを選択。 ...

気にしてなかったのだが、「WNPU583B」の速度上限は433Mbpsで、「WN-AC1167R」は867Mbps。親機と子機の速度上限の遅い方が限度となる。この組み合わせだと433Mbpsが上限だ。(上限まで出ないことも多々ある)

Sponsored Link

TP-Link Archer T3Uを買って驚いた!

TP-Link WiFi 無線LAN 子機 11ac MU-MIMO 866+400Mbps Archer T3U

アイ・オー・データ製品でも良かったが、最速の無線LANルーターを探すことにした。最初は子機だけ選んだ「TP-Link WiFi 無線LAN子機 11ac MU-MIMO 866+400Mbps Archer T3U」って奴だ。これの電波が強力で、速さも抜群だった。

ドスパラの高性能パソコン評価!マグネイトIMをSSDにした結果。
今回はクルーシャルのSSD(Crucial・CT250MX500SSD1 )が付属したが、それ以上の高速化を考えた。SSDはノートパソコンにも収納できる2.5インチが主流。だが、マザーボードによってはM.2を搭載できるのだ。 ...

これまで三流メーカーと思ってた「TP-Link」の凄さを知る事となった。ならば親機も「TP-Link」にしよう。で、選んだのが「TP-Link Wi-Fi無線LANルーター 11ac 1733 + 800 Mbps MU-MIMOギガビットArcher A10」だ。

TP-Link・Archer T3UとArcher A10の性能。

ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波。

子機「Archer T3U」は速度上限867Mbpsで、親機「Archer A10」は1733Mbps。この組み合わせだと速度上限は867Mbpsとなる。実際にパソコンに接続してネット速度を体感。これには驚いた!あらゆる操作に瞬時に反応

マグネイトIMを徹底拡張!SSD・HDD・BD、グラフィックボードも増設。
7年間使ったレノボタワー型パソコンと別れを告げ、ドスパラのマグネイトIMを購入。パソコンにはタワー型・スリム型・ノート型とあるが、タワー型がお気に入り。スリム型とノート型はほとんど拡張できない。 それに対してタワー型は拡張自由...

光の速さか?音速か?これまでのネット環境はなんだったんだ?500Mbps以上の速度なら上等と思ってたが、867Mbpsってもの凄く速いんだな。「Archer T3U」と「Archer A10」の両方買って1万3千円したが、この速さなら納得。むしろ安い。
ノートパソコンのOS起動を高速化!M.2(SSD)クローン時の注意点。

例えるなら初代ガンダムがマグネットコーティングを施す前と後ぐらい反応速度に違いがある。(ガンダム見てないとわからん例えだ)これからも無線LANルーターはTP-Linkのを買うよ。

現代最速の無線LANルーターTP-Link Archer A10購入!T3Uもお勧め。
前回記事「ネット高速化!Wi-Fi無線LANルーターTP-Link Archer A10の強力電波」の続き。無線LANルーター親機「Archer A10」と子機「Archer T3U」を買ったらあまりの速さに驚いたので、今回は「Archer...

Archer T3U」と「Archer A10」の組み合わせも抜群だった。「現代最速の無線LANルーターTP-Link Archer A10購入!T3Uもお勧め」に続く。

パソコン・インターネット関連記事。

パソコン・スマホ設定
Sponsored Link
この記事を友達とシェア(共有)
向日葵美駆をフォローする
Sponsored Link
アマゾンと楽天市場の最新商品をレビューしたブログ(スマホパソコン)

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました