Sponsored Link

使いすぎを防ぐモバイルデータ通信設定方法!ZenFone Live L1(ZA550KL)

使いすぎを防ぐモバイルデータ通信設定方法!ZenFone Live L1(ZA550KL) パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

ZenFone Live L1(ZA550KL)を購入したのは「トリプルスロット」だったから。トリプルスロットってのはSIMカード2枚とMicroSD(メモリーカード)に対応してたから。SIMカードが2枚させるとどんな事ができるのか?

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。
auの携帯電話を解約したので、マイネオのスマートフォンに機種変更する。携帯電話が変わればLINEも移動せねばならん。フェイスブックならどの端末でもログインできるが、LINEだと1つの端末しかログインできないからな(パソコンを除く) ...

1つの端末で2つの電話番号を使える。どちらの番号に着信があっても対応できる。この機能をデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)と言う。音声SIMとデータ専用SIMも併用できる。0SIMなら無料で500GB使える。

Sponsored Link

使いすぎを防ぐモバイルデータ通信設定。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

スマートフォンを使っていて、気になるのが通信容量。自宅のWi-Fiなら気にする必要はないが、外出時にWi-Fiは使えない。そんな時は契約したSIMカードを使って外部と通信される。当然、データ通信容量に上限がある。

LINEモバイルの事務手数料無料!キャンペーンで5000ポイント入手。
これまでマイネオを使って来たんだが、LINEモバイルの方が良いとわかった。マイネオだと500GBで1400円(デュアルタイプ音声通話ドコモ)LINEモバイルだと1GBなのに音声通話1200円。これはお得すぎる。 マイネオとLINEモバイル...

ネット閲覧だけなら良いが、ユーチューブ等の動画を見るとかなりの通信量になる。契約容量を使い果たすと、通信速度が極端に遅くなる。又は別途、追加購入が必要になる。請求書を見てから使った容量を知ってももう遅い。

モバイルマネージャーからデータ使用を選択。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

ならば、使いすぎる前に知らせる機能があれば良い。それがモバイルデータ通信設定だ。ZenFone Live L1(ZA550KL)にもその機能が備わっている。スマートフォン本体にモバイルマネージャー(スピードメーターみたいなマーク)があるのでそれを選択。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。
11月にキャンペーンを利用してLINEモバイルに加入してた。そのキャンペーンてのが「5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」って奴だ。 コミュニケーションフリーの3GBでも300円とは安い...

すると画面上部に「スキャン」の表示。画面下にはデータ使用・パワーマスター・メモリ解放・通知・クリーンアップ・セキュリティと表示される。ここで、データ使用を選択。画面に今月のデータ使用容量が表示される。

Sponsored Link

契約した通信容量を超えないように設定。

真ん中に「モバイルデータの上限を設定する」その下にSIM1SIM2・今日・今月の表示。モバイルデータの上限を設定から次の画面へ。するとデータ上限・モバイルデータ・データプランを設定と出る。データプランを設定を選択。

ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較。
2017年4月に購入したHUAWEI nova liteの電池が切れるのが早くなった。2年使ったからそんなものか。前の富士通アローズM02なんて2年使っても電池は消耗しなかった。さすが国内の一流メーカー富士通だ。 富士通アロー...

その後、データ上限・データ上限アラート・更新日・使用中の表示。データ上限で、契約してるSIMの容量を入力。通信できるのはこの容量までだから、使いすぎを防せげる。上限アラートは設定した容量を使うとお知らせしてくれる。

設定した通信容量を使うと知らせてくれる。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

例えばデータ上限が500MBで90%を設定。すると450MB使ったら知らせてくれる。アラートは60%から90%の間で設定できる。更新日はいつから計測するかを設定。毎月1日からから計測するとわかりやすい。

最新スマホお勧め機種紹介!アンドロイド格安SIM対応(ZenFone Live L1)
前回記事「ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較」の続き。「ZenFone Live L1」は15000円内で買える安価な本体。セット内容はUSBの電源アダプタとコード、イヤホンが付...

一番下の使用中は設定期間に使用した容量1日から計測した場合は今月使用した容量。どれだけの容量を通信したのか把握できる。ZenFone Live L1(ZA550KL)のモバイルデータ通信設定で、データ通信の使いすぎを防せごう!

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました