最新スマホお勧め機種紹介!アンドロイド格安SIM対応(ZenFone Live L1)

最新スマホお勧め機種紹介!アンドロイドの格安SIM対応(ZenFone Live L1) パソコン・スマホ設定
この記事は約4分で読めます。

前回記事「ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較」の続き。「ZenFone Live L1」は15000円内で買える安価な本体。

セット内容はUSBの電源アダプタとコード、イヤホンが付属。あとは簡単な説明書だ。最大の特徴はトリプルスロット(DSDS)である事。2つのSIMカードを装着できる。

その上、microSDも付けられる。この為にZenFone Live L1を購入したのだ。SIM2つにmicroSD1つのトリプルスロットは本当に役立つ。

超高性能パソコンが10万円以下で買える!

ZenFone Live L1(ZA550KL-PK32/A)

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

ZenFone Live L1を起動してすぐに初期設定。その時グーグルドライブ100GB無料クーポンが付いてた。通常の15GBに100GBを追加できる。

一見、もの凄いサービスのようだが、100GB増加されるのは2年間だけ。そもそもグーグルドライブ事態、使ってないから不要だった。

インストールされてるアプリは必要最小限。電話帳やグーグルクローム・ファイスブックメッセンジャー等の20程度。余計なアプリが入ってないのは嬉しい。

ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較。
2017年4月に購入したHUAWEI nova liteの電池が切れるのが早くなった。2年使ったからそんなものか。 前の富士通アローズM02なんて2年使っても電池は消耗しなかった。さすが国内の一流メーカー富士通だ。富士通アローズM02...

ZenFone Live L1(ZA550KL)の特徴。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

スマートフォンの画面は5.5インチだけあって大きい。本体重量は140グラムと軽い。裏のカメラ部分が出っ張ってるからスマホケースによっては専用の物が必要。

モバイルデータ制限機能も備わっていて便利。モバイルデータ制限とは1日、1ヶ月あたりのデータ通信量を制限する機能。

月初に使い過ぎて月末に容量不足にならないよう、設定した通信量を超える前にお知らせしてくれるのだ。契約した容量を超えないから余計な出費を防げる。

フェイスブックの友達削除やブロックはすぐバレる!制限リストを使おう。
フェイスブックをしていると友達になりたくない人でも仕方なく友達にする時がある。そんな人に限ってネガティブコメントやメッセージを書いてくる。ネット上だけでの関わりなら友達を削除すれば良いが、現実での知り合いだとそうも行かない。関わりたくない相

ZenFone Live L1(ZA550KL)の便利機能。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

ZenFone Live L1(ZA550KL)にもその機能があったので、一安心。いつも使い切れなくて大量に余ってるけど、旅行に行った時って結構使うのだ。

便利な機能も備わっている。それは懐中電灯(ライト)とFMラジオ・手袋機能だ。ライトは夜間、物を探す時に使える。

帰宅時に鍵穴を探す時も活躍する。FMラジオは地味な機能だが、外出時に聴けるのはありがたい。県外に外出してもその地域のFMラジオを聴ける。あと手袋機能は凄く助かる。

通常、スマートフォンは手袋を使うと操作不能になる。もし使うなら専用の手袋が必要。だが、手袋機能を使えば一般の手袋でも操作できる。冬の寒い時期に重宝する機能だ。安くて多機能なスマートフォンそれがZenFone Live L1(ZA550KL-PK32/A)だ。

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A
ASUSTek
初めてのSIMフリースマートフォンだからこそ、ネットや写真を存分に楽しみたい。そんな願いを叶える1台です。

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました