スポンサーリンク

ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較。

ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較。 パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

2017年4月に購入したHUAWEI nova liteの電池が切れるのが早くなった。2年使ったからそんなものか。前の富士通アローズM02なんて2年使っても電池は消耗しなかった。さすが国内の一流メーカー富士通だ。

0SIMとLINEモバイルで通話料金も通信費も無料に!その方法とは?
富士通アローズM02を購入して1年が経過した。防水・防塵の端末でマラソンをするのに大いに役立っている。音楽を聴きながらトレーニングする事が多いからな。これまでドコモやエーユーのSIMを使ってきたが、端末を買ったから格安SIMに乗り換えた。 ...

富士通アローズM02は既にメルカリで手放した。あとはHUAWEI nova liteの引き取り手が見つかればバンバンザイ!それはさておき、ZenFone Live ZA550KLのスマホとHUAWEI nova liteとの違いを比較する。

スポンサーリンク

ZenFone Live(L1) ZA550KLを購入。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

冒頭に書いたようにHUAWEI nova liteを2年使用して電池がへたった。充電頻度が上がって面倒だし、外出する時大変だ。なので、購入したのがZenFone Live ZA550KLだ。ピンクが欲しかったが、ラクマで安かったのが黒だった。

HUAWEI nova liteとarrows M03のスマートフォン本体比較レビュー。
これまで富士通アローズのM03を使ってたが、売り切れ続出になっている「HUAWEI nova lite」が気になっていた。(現在は品薄状態は解消された通常通り購入できる)電子マネーや防水機能はないが、コストパフォーマンスに優れたスマートフォ...

HUAWEI nova liteが16800円したのに、ZenFone Live ZA550KLは15000円で買える。最新式のスマートフォンがこんなに安いとは技術の進歩だな。このZenFone Live ZA550KLを選んだ理由はトリプルスロット(DSDS)対応だから。

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A
ASUS
初めてのSIMフリースマートフォンだからこそ、ネットや写真を存分に楽しみたい。そんな願いを叶える1台です。

ZenFone Live(L1) ZA550KLの性能。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

トリプルスロット(DSDS)てのはSIMカードのスロットが2つ、microSDのスロットが1つあるって事。だからトリプルスロット。DSDSてのは2つのSIMで電話を待ち受けできるって事。

LINE引き継ぎ方法!データ専用SIMも電話番号不要で機種変更できる。
auの携帯電話を解約したので、マイネオのスマートフォンに機種変更する。携帯電話が変わればLINEも移動せねばならん。フェイスブックならどの端末でもログインできるが、LINEだと1つの端末しかログインできないからな(パソコンを除く) ...

これをデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)と言う。2つの電話番号を使える訳だ。私の場合は通話SIMとデータSIM(0SIM)を併用するからトリプルスロット(DSDS)が必要だった。

ZenFone Live(L1) ZA550KLの使用感。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

ZenFone Live(L1) ZA550KLが到着して思ったのが、その軽さ。HUAWEI nova liteの150グラムに対してZenFone Live(L1) ZA550KLは10グラム軽い。たった10グラムだが、両方持つと凄く軽く感じる。

LINEモバイルの事務手数料無料!キャンペーンで5000ポイント入手。
これまでマイネオを使って来たんだが、LINEモバイルの方が良いとわかった。マイネオだと500GBで1400円(デュアルタイプ音声通話ドコモ)LINEモバイルだと1GBなのに音声通話1200円。これはお得すぎる。 マイネオとLINEモバイル...

スマートフォン本体の大きさは同じ。HUAWEI nova liteのスマホケースをZenFone Live(L1) ZA550KLに付けられるくらい同じ。ZenFone Live(L1) ZA550KLのカメラレンズが大きい為、物によっては専用ケースが必要。

ZenFone Live(L1) ZA550KLの総合評価。

ZenFone Live(L1) ZA550KLスマートフォン本体

2017年発売のHUAWEI nova liteより2018年末発売のZenFone Live(L1) ZA550KLの方が画面が大きい。技術が進むにつれ、画面が大きくなるのは当たり前。購入時に余計なアプリが入ってないのも嬉しい。

LINEモバイルで5000ポイント貰った?毎月の支払いに使う設定したよ。
11月にキャンペーンを利用してLINEモバイルに加入してた。そのキャンペーンてのが「5000LINEポイントプレゼント」と「誰でもみんなスマホ基本料300円から」って奴だ。 コミュニケーションフリーの3GBでも300円とは安い...

アプリが多いと電池の消耗も大きからな。アンインストールするのも面倒だし。肝心のトリプルスロット(DSDS)も機能した。LINEモバイルのSIMと nuroモバイルの0SIMを併用。これで使い勝手が広がった。

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A
ASUS
初めてのSIMフリースマートフォンだからこそ、ネットや写真を存分に楽しみたい。そんな願いを叶える1台です。

スマートフォン(携帯電話)関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました