弁護士でも就職難?女性問題に競争激化、資格剥奪のデメリットとは?

弁護士でも就職難?女性問題に競争激化、資格剥奪のデメリットとは? 社会保険労務士
この記事は約3分で読めます。

数ある資格の中で最高難度の試験が司法試験。その司法試験を突破すると弁護士・裁判官・検察官になれる。この記事ではそんな弁護士の仕事内容を紹介する。

国内最難関の司法試験を突破してもその後の成功も確約されたわけじゃない。弁護士でさえ、いや弁護士だからこそ大変な事があるのだ。弁護士のデメリットとは?

弁護士でも就職難?女性問題に競争激化、資格剥奪も?

労働基準監督署の調査対処法!長時間労働と残業代未払いで是正勧告。

弁護士のデメリットは以下の通り。

  1. 就職難
  2. 仕事での競争激化
  3. 弁護士資格の剥奪(資格停止)
  4. 弁護士になってからも勉強が必要
  5. 向き不向きがある

今は弁護士でも就職難。昔は司法試験に合格する人は500人程度だった。それが今は1500人も合格する試験となった。司法試験に合格すれば人生安泰の時代は終わった

弁護士が増えればそれだけ就職先を見つけにくなる。就職できなければいきなり開業するか、どこかの事務所を間借りして仕事をするかのどちらかとなる。

事務所を間借りできれば経費削減できるし、仕事を紹介される可能性もある。だが、いきなりの開業はじっくり実務経験を積めないので、苦しいスタートとなる。

弁護士も仕事の取り合い(競争激化)

一部のアドセンスが表示されない!問題解決して広告と関連記事を表示。

就職難もそうだが、弁護士が増えれば仕事の奪い合いとなる。弁護士でさえ生活に困窮うする時代なのだ。弁護士会で刑事事件や破産管財人等の取り合いになるのだ。

破産管財人とは裁判所からの依頼で、楽で高額報酬も期待できる仕事。楽で高額報酬なら誰もがやりたい仕事。

そんな破産管財人の仕事をしたければ裁判所からの電話を逃してはいけない。チャンスは一度切りなので、携帯電話から転送させる等の対策が必要。

弁護士はモテるのか?女性関係と犯罪トラブル。

就転職活動での心構え!不採用通知が届いても落ち込まない考え方。

弁護士でなくても士業なら資格剥奪(資格停止)は恐ろしい制裁だ。弁護士と言うだけで良くも悪くも人が集まってくる。婚活パーティーなどは他の仕事より女性にもてる。

逆に男性弁護士が女性事務員や女性弁護士、客の女性と問題を起こす事がある。女性弁護士の意思に反して交際をせまり、業務停止になることもある。

合コンや婚活といった場面で弁護士になりすまして女性と関係を持つ男性もいる。どこぞのホームページや弁護士名簿で実在の弁護士になりすますのだ。

当然、被害女性は実在の弁護士に無理強いされたと思う。そして存在する弁護士本人に苦情を言っても他人がなりすました犯行だからどうにもならない。(結婚詐欺

高額報酬で弁護士を買収する犯罪者がいる?

ブログ飯と世界一優しいブログの教科書でアフィリエイトの勉強。

このように弁護士でないものがニセ弁護士になったり、無資格者が請け負った仕事を莫大な報酬で弁護士に回し、使うだけ使って捨てる事がある(弁護士は違法行為で資格剥奪)

弁護士でない者(悪人)がなんらかの事情で、裁判所対応・破産申立が必要になった時、実際の弁護士じゃないとできないからいいなりになる弁護士が必要になる。

なので、弁護士ではない犯罪者のいいなりになり、本物の弁護士が資格剥奪になる事もある。弁護士を金の力で操ろうとする人物はそれなりにいるのだ。

司法試験を突破し、弁護士になるメリットはあるのか?

求人応募時の筆記試験を公開!エクセルはどの程度使えれば良いのか?

もちろん、悪い面だけじゃない。弁護士はテレビ番組やドラマで活躍する超有名資格でもある。知名度が高いだけにその信頼性も半端ない。他に信用と資金力が高いのは医師ぐらいだ。

弁護士は社会的信用が高いから周囲にチヤホヤ(大事に)される。場合によっては有名芸能人やスポーツ選手と交流することもある。

弁護士に限らず他の士業もそうだが、自分の裁量で働けるメリットがある。会社に雇われて勤務してたら8時間の労働時間と通勤時間が必要だが、弁護士個人での活動なら自由度が高い。

定年がないから、自分で進退を決められる。弁護士は一般的な職業より報酬が高いからそんなに働く必要がなさそうだが、働く意欲(生きがい・喜び)があれば自分が納得するまで働ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました