Sponsored Link

パソコン画面が固まった?フリーズして落ちる原因を調査解決WIN10。

パソコン画面が固まった?フリーズして落ちる原因を調査解決WIN10。 パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

パソコン画面が固まる原因はいくつかある。古いパソコンに多いのが操作に処理能力が追いつかなくてフリーズするパターン。あとは物理的にパーツが破損してるパターン。だが、1番多いのはプログラムに異常があった時だ。

ブルースクリーン問題解決!メモリーマネジメントとシステムエラー。
これまでなんの問題もなかったパーソナルコンピューター(パソコン)がブルースクリーンエラーを頻発するようになった。インターネットを見ていると突然ブラウザが落ちるのだ。3分に1回のペースで落ちるから仕事にならない。(OS)はウインドウズ10で、...

私のパソコン環境で解決した方法を書いてゆく。問題が発生した時は簡単な操作から検証して行くのが基本。スタートアップ→Windows管理ツール→ディスククリーンアップを実行。これで、余計なファイルを一掃する。

Sponsored Link

パソコンがエラーになる原因は必ずある。

一部のアドセンスが表示されない!問題解決して広告と関連記事を表示。

次は同じくWindows管理ツールからドライブのデフラグと最適化を選択。ディスクデフラグで、バラバラになってるデータを整理する。あとはWindowsキー(画面左下の旗マーク)とXを同時に押してWindows PowerShell(管理者)を選択。

エラー解決!vcomp100.dllが見つからない為、コード実行できない。
朝、電源を入れると何故かセーフモードで立ち上がった。パソコンの電源ボタンを押しただけなのにセーフモードで起動するとは初めてだ。エラーが複数表示されるが、再起動すると元通りになる。いつも見ている画面が立ち上がって一安心。まぁそんな時もあるさ。...

青い画面が出たら「CHKDSK /R」と入力エンター。ハードディスクのチェックが始まる。終わったら「sfc /scannow」を入力。問題があれば修復してくれる。これを複数回行っても解決しない場合は次の動作へ。

エラー画面は毎回写真を撮ること。

ノートパソコンの選び方!お勧めはSSDとメモリ増設が簡単なこのPC。

私のパソコンがエラー連発した時は10以上のエラーを発していた。毎回違うエラーなのだ。この画面が青くなって英字が表示されるのをスルーしてはいけない。しっかり写真を撮って今後の対策にするのだ。

メモリが余ってるのにメモリ不足?ブラウザが頻繁に落ちる原因調査。
メモリ診断では解決しなかった。ならば基本に帰ろう。ウインドウズ管理ツールからCドライブとDドライブのディスククリーンアップを実行。グーグルクロームを最新版に更新。だが、クローム更新中にエラー7で、中断される。パソコンを再起動したらアップデート(最新版に)できた。

この英文で書かれたエラーをネット検索するだけで解決する事もある。「memory management error」が出たとする。するとメモリ関係に異常があるとわかる。冒頭にも書いたが、パソコンが不調になる原因はプログラムである事が多い。

余計な起動(常駐)プログラムを停止する。

ツイッター凍結!新規登録しても直後にまた凍結どうやって復活した?

Control-Alt-Deleteの3つのボタンを押してからタスクマネージャーを選択。横並びのタブから「スタートアップ」を選んで、不要なプログラムを停止する。他のプログラムが何らかの邪魔をする場合もあるし、余計なのを停止すれば起動が速くなる。

ブルースクリーン連発でKP41病に!予備の2台目ノートパソコン購入。
買うならタワー型か、ノートパソコンしかない。スリム型は中途半端だからな。タワー型はあらゆる拡張が可能で、ハードディスクやメモリはもちろん、電源やグラフィックボードも容易に交換できる。タワー型にせよノートパソコンにせよ買うのは「Intel Core i5」以上と決めている。ユーチューブへの投稿はほとんどないが、ブロガーとしてやる事は沢山ある。なので、CPUは絶対に「Intel Core i5」以上が必要。

次に試したいのが、パソコンメーカーが実施してる「診断ツール」だ。富士通ならハードウェア診断ツール・レノボなら診断ソリューションがある。これはパソコン全体をチェックしてくれる優れものだ。パソコンの健康診断だな。

Sponsored Link

memory management errorを解決させる。

CFD永久保証メモリーモジュールDDR3・デュアルチャンネル動作テスト済みセット

その診断ツールを実行するとハードディスクやソリッドステートドライブ・メモリ等の動作を見てくれる。この診断ツールで異常が出ればしめたもの。その部分を解決すれば良い。例えばメモリの読み書きに異常があれば交換すれば良いのだ。

ブルースクリーンで再起動頻発!原因判明後、あの対処法で解決した。
「Lenovo Vantage」でメモリ診断すると物理メモリに異常があると判明。ウィンドウズ10のメモリ診断では異常がなかったのに「Lenovo Vantage」では物理メモリが異常と出た。ウィンドウズ10のメモリ診断は精度が低いのか?今回、KP41病(ブルースクリーン・エラー)の原因は物理メモリだった。メモリ診断って言ってもいろんな種類があるんだな。

問題は複数のメモリを搭載してた場合。これは1枚ずつ外して確認。外したら診断ツールを実行。これを繰り返して、問題のメモリを探す。私のパソコンは4枚のメモリをさしてたが、その内の1枚が異常だった。「パソコントラブル発生?不具合や故障したと思った時に読む記事10選」に続く。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました