お得な商品・セール・クーポン情報はこちら
Sponsored Link

DPC Watchdog ViolationエラーWindows10でRAIDからAHICに変更。

DPC Watchdog ViolationがWindows10で発生!RAIDからAHICに変更した女性。 パソコン・スマホ設定
Sponsored Link

IODATA製GV-MVP/XS2WとXS3Wで4番組同時録画可能にしてるんだが、録画番組視聴中、頻繁に「DPC Watchdog Violation」エラーが発生するようになった。いつも通りインターネットで修正方法を探る。(Windows7の時は出なかったが、Windows10にしたらエラーが出るようになった)

DPC Watchdog ViolationエラーWindows10をRAIDからAHICに変更。

Windows10でDPC Watchdog ViolationはSSDやHDDのドライバーが古いと発生する。その他、ハードウエアの互換性の問題があった場合にもDPC Watchdog Violationに遭遇する。更に壊れたファイルがこのブルースクリーンの原因となる場合がある。今回の原因はWindows7のドライバーがWindows10に対応してないからだろう。

Sponsored Link

IDE ATA/ATAPIコントローラーがない。

クレジットカードをスーパーマーケットのセルフレジに忘れた結果。

解決策を見るとデバイスマネージャーでIDE ATA/ATAPIコントローラーを探す。見つけたら「ドライバーソフトウェアの更新」で最新のドライバーにする。ドライバーを更新したらパソコンを再起動。他にも解決方法はあるが、とりあえずドライバーを更新すれば良い。

DPC Watchdog ViolationエラーWindows10をRAIDからAHICに変更。

しかし、デバイスマネージャーの全てを見ても「IDE ATA/ATAPIコントローラー」の表示がないのだ。今度はIDE ATA/ATAPIコントローラーがない理由を探す事になった。調べるとハードディスクを「RAID」方式にしてるからと判明。なのでRAIDからAHICに変更する事にした。

RAIDからAHICに変更する準備。

フリーター生活を終わらせる為、タウンワークで就職・転職活動した。

ファイル名を指定して実行」ウィンドウの入力ボックスに「regedit」と入力する。レジストリエディターを開いたら HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet
\Services\storahciへ移動して「ErrorContro」の値を0に変更(元の数値は3)

ブルースクリーン連発でKP41病に!予備の2台目ノートパソコン購入。
買うならタワー型か、ノートパソコンしかない。スリム型は中途半端だからな。タワー型はあらゆる拡張が可能で、ハードディスクやメモリはもちろん、電源やグラフィックボードも容易に交換できる。タワー型にせよノートパソコンにせよ買うのは「Intel Core i5」以上と決めている。ユーチューブへの投稿はほとんどないが、ブロガーとしてやる事は沢山ある。なので、CPUは絶対に「Intel Core i5」以上が必要。

次にHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet
\Services\storahci\StartOverrideへ移動して「0」の値を0に変更(元の数値は3)これで準備完了!後はパソコンを再起動してBIOSを表示させるBIOSの開き方は使用するパソコンによって異なる。例として起動中にF1を押すとかF5を押すとか。

BIOSでRAIDからAHICに変更。

JINSでスポーツサングラスを購入して不良品だったので、返品した。

BIOSを開いたらハードディスクの方式をRAIDからAHICに変更して再起動。起動できなくてブルースクリーンになったら失敗。再度、regeditでレジストリエディターを開いて確認。無事に再起動できたら自動でAHICのドライバーがインストールされる。

ブルースクリーンで再起動頻発!原因判明後、あの対処法で解決した。
「Lenovo Vantage」でメモリ診断すると物理メモリに異常があると判明。ウィンドウズ10のメモリ診断では異常がなかったのに「Lenovo Vantage」では物理メモリが異常と出た。ウィンドウズ10のメモリ診断は精度が低いのか?今回、KP41病(ブルースクリーン・エラー)の原因は物理メモリだった。メモリ診断って言ってもいろんな種類があるんだな。

ハードディスク方式をRAIDからAHICに変更したらDPC Watchdog Violationエラーは出なくなった。これで録画番組を中断される事なく最後まで視聴できる。めでたしめでたし。

パソコン・スマホ設定
Sponsored Link
この記事をシェアする!
あまらくをフォローする
Sponsored Link
アマゾンと楽天市場の最新商品をレビューしたブログ(スマホパソコン)

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

パソコンを爆速にするお勧めSSD!

専用のM.2スロットが必要だが、現代最速の快適さ。
性能と値段のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れる。
安心のインテル製品。
容量も豊富な256GB。
M.2購入時にクーラー(ヒートシンク)も買うと良い。
M.2接続/64層3D TLC NAND採用 NVMe M.2 SSD

大容量にして激安!500GB
Crucial 500GB 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) SSD
シーケンシャル読み取り:560MB/s;シーケンシャル書き込み:510MB/s
インターフェース:SATA 6.0Gb/s
保証期間:5年間 (MTTF 180万時間)

信頼・安心のインテル製品256G。
SSDはOS(WIN10)を入れる大事な部分。
もしもの事があったらノートパソコン等が使えなくなってしまう。
インテル製品なので、効果だがその分安心して使える。
SSDの速度も充分で、末永く活躍してくれる。
シーケンシャルリード:最大550 MB/s
シーケンシャルライト:最大500 MB/s

240GBでありながら4000円以下の安さ。
安くてもしっかり動作し、初めてのSSDに最適!
製品のタイプ:2.5 "SATA3
インターフェイス:SATA 3 アルミ
インタフェースタイプ:SATAIII 6Gb / s
サイズ:2.5インチ/ 100 × 70 × 7 mm
フラッシュメモリ:3D NAND
シーケンシャル読み取り:500 MB/S
シーケンシャル書き込み:450 MB /S

高速無線LAN子機ランキング

TP-Link 11ac MU-MIMO 866+400Mbps Archer T3U

866 + 400Mbpsと言う驚異の高速性能。Wi-F電波も強力。

TP-Link MU-MIMO無線LAN子機 Archer T3U
MU-MIMO対応:最先端の無線LAN技術MU-MIMOに対応。従来よりも効率的な無線LAN通信を実現。

高速Wi-Fi速度:AC1300規格(5GHz:867Mbps , 2.4GHz: 400Mbps)で高速なWi-Fi環境を構築します。次世代無線LAN規格11AC対応。
デュアルバンド対応:無線LAN帯域の2.4GHzと5GHz両方に対応。

IO-DATA Bluetooth v4.0対応433Mbps WNPU583B

■本商品は、Bluetooth(R) v4.0&IEEE802.11ac規格に対応した無線LAN子機(USBアダプター)です。5GHz帯、2.4GHz帯ともに対応し、433Mbps(規格値)の通信が可能。Bluetooth(R) v4.0に対応し、これ1台で高速無線LANとBluetooth(R)のどちらも同時にご利用いただけます。

■11acで最大433Mbps、11nで最大150Mbps(規格値)のスピードで利用可能な無線LAN子機です。
「11ac」をはじめ11n/a/g/bに対応しているので、規格を気にすることなく安心してご利用いただけます。

EZCast USBアダプタ5G/2.4G Bluetooth4.2

安さ重視の無線LAN子機。無線接続もブルートゥース接続も可能!11acで、最新の無線LANルーターとの相性も抜群。

Bluetoothレシーバー内蔵された新版EZCast 5G / 2.4Gデュアルバンドワイヤレスアダプターは、安定した高速Wi-Fi信号を提供。

bluetoothヘッドセットやキーボードなどのbluetoothデバイスを音楽コンピュータに接続し、制御。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました