クルーシャルのSSD(M.2)が遅い!そんな時はあの方法で10倍速にする。

クルーシャルのSSD(M.2)が遅い!そんな時はあの方法で10倍速にする。 パソコン・スマホ設定
スポンサーリンク

パソコンの起動を速くしたいし、それ以外の反応も速くしたい。って事で「Crucial P1シリーズSSD(M.2)500GB」を購入。アマゾンでは長ったらしい名前で売られてた。「Type2280 PCIe3.0x4 NVMe CT500P1SSD8JP

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。
アマゾンでずっと品切れだった「Crucial SSD M.2 500GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 CT500P1SSD8JP」を手に入れた!SSDには種類があってM.2と言うマザーボードに装着...

今回買ったのSSDの中でもM.2と呼ばれる奴。チューインガムを大きくしたような電子基板。メモリに似てる奴とでも言うべきか。この板に500GB保存できて従来のSATAの何倍もの速度が出るとは凄すぎる。

スポンサーリンク

SSDの規格SATA3・PCIE(NvMe)とは。

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。

SSDは大きく2種類ある。2.5インチのノートパソコンにも収まるSSD。それと1枚の板になってるM.2。形が全然違うので一目瞭然。そして2.5インチのSSDはSATAと言う規格で動き、速度制限がある。

ASU650SS-240GT-REC

一方、M.2にもSATA方式とPCIE(NvMe)方式がある。前者はSATAなので、速度制限あり。後者のPCIEは速度が限界突破している。どこで見分けるかと言うとM.2の端にある切れ目が1つなのか2つなのかで判断できる。

M.2(Micron Technology Crucial P1)の速度が遅い。

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。

初音ミク左手金属部分の欠けてる数が1つなのはM.2の中でも速い奴。NvMeと呼ばれる奴だ。そして今回買ったNvMeのM.2(CT500P1SSD8JP)だが、ベンチマークで計測すると本来の半分の速度しか出てなかった。

クルーシャルのSSD(M.2)が遅い!そんな時はあの方法で10倍速にする。

ネットで調べるとUEFI(旧BIOS)で速度設定があるらしい。だが、私のUEFIに速度設定の場所はなかった。これは不良品か?と思いつつ、使い続けていた。体感速度に問題なく、単なるベンチマークの数字が低いだけだったから。

スポンサーリンク

Crucial Storage Executive (version 3.6)導入。

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。

今度はクルーシャルSSDについて調べた。そうすると「Crucial Storage Executive」ってのを使うと速度が最大10倍になるそうだ。本当だろうか?だが、M.2本来の性能が引き出せないのはもったいない。

クルーシャルのSSD(M.2)が遅い!そんな時はあの方法で10倍速にする。

M.2(CT500P1SSD8JP)は読み込み速度1900MB/s、書き込み速度950MB/sは出るはずなのだ。インストール後は画面左の「一次キャッシュ」から「一次キャッシュの有効化」「一次キャッシュの有効化とシステムの再起動」と進む。

Crucial P1シリーズSSD(M.2)500GBを再測定。

大容量500GBのM.2(NVMe・PCIe)にヒートシンククーラーで温度低下。

さて、「Crucial Storage Executive」をインストールした効果はあったのか?キャッシュを有効にしただけで、速度が倍増するのか?再び「CrystalDiskMark」でベンチマーク(速度)計測。すると確かに高速化されていた。

Crucial P1シリーズSSD(M.2)500GBを再測定。

読込み・書込み速度、共に導入前の5倍になっている。スゲーこんなに速度アップするのか!でも体感速度は従来と変わらない(笑)ゲームする人とか動画編集する人なら変わるんだろうが。ともかく、本来の性能を引き出せて良かった。

パソコン・インターネット関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました