年金支給期間短縮に育児休業延長・障害者雇用率増加!法改正情報。

年金支給期間短縮に育児休業延長・障害者雇用率増加!法改正情報。社会保険労務士
この記事は約4分で読めます。
社労士・FP2級技能士
美山走希

キャリアアドバイザーとして資格と転職について助言している。労働者の不安や悩みを解消し、元気に働いてもらえるようサポートしたい。

美山走希をフォローしよう!

ニュースで600億円もの年金(振替加算)を支給してなかったとして問題になってる。振替加算とは夫が受け取っていた年金が妻に振り返られる年金である。

数年前に消えた年金記録で問題になったが、今度は振替加算の未支給か。年金記録がなければ年金は貰えないし、振替加算も支払われてない。

スポンサーリンク

年金支給期間短縮に育児休業延長・障害者雇用率増加!法改正情報。

社会保険労務士直前対策!試験1ヶ月前にやるべき事と当日の動き。

わかってる記録は氷山の一角で、本当はもっと支払われてない年金はあるのだろう。年金記録を探すのは難しい。

何故なら過去に働いた会社名を忘れていたり、そもそも知らないパターンがあるからだ。働いた会社名を知らない?それはどう言う事か。

例えばSR商店に勤務してたとする。当然、SR商店で、いつからいつまで働いた年金記録があるはず。

従業員もSR商店で働いた期間を調べて、年金機構に調査を依頼する。

開業社会保険労務士の行政協力とは?参加要件・相談場所・謝礼金。
社労士への謝礼金・日当・報酬を調査!労働相談であれ、年金相談であれ1回の行政協力は3時間から6時間が多い。1回の報酬は5,000円から5万円と幅広い。新人社会保険労務士にお勧めなのが試験監督官。試験前日から2日がかりの仕事だが、数万円の報酬が得られる。

国民年金と厚生年金保険の記録調査。

アイリスオーヤマ倒産危機からの復活!女性9割の通販会社とは。

しかし、必要なのは働いた店名ではなく、会社名なのだ。例えば株式会社URって会社がSRってをやってる場合が多い。

年金記録を探す場合も株式会社URで働いていた期間を調査する必要がある。(厚生年金保険の場合)

なので、店名ではなく会社名が重要。年金機構への調査は会社名が・働いた期間・氏名を元に調査する。

氏名に関しては同姓同名もあり得る事と、年金機構が間違って入力している可能性があるから年金記録を見つけるのは非常に難しい。

労働者派遣事業新規許可申請の注意点!労働局の窓口対応と現地調査。
資産(繰延資産及び営業権を除く)の総額から負債の総額を控除した額が2,000 万円以上。前項目の基準資産額が負債の総額の7分の1以上、自己名義の現金・預金の額が1,500万円以上ある事。なので、所持金が1,500万円以上なければお話にならない。

国民年金の支給期間が10年に短縮。

社会保険労務士試験合格後、事務指定講習を受講して独立開業した女性。

これまで、国民年金の支給要件は25年だった。それが2017年8月から要件緩和で10年となった。

国民年金の加入期間が10年以上、25年未満の人に年金機構から黄色い封筒が送付される。年金受給手続きには本人の貯金通帳の他にも色々準備が必要だ。

年金機構に問い合わせしてみよう。年金機構はコールセンターもあるが、冒頭に述べた加給年金問題で、電話が殺到しているから待たされる可能性あり。

年金手続きは自分自身で行うものだが、足腰が不自由で年金機構に行けない場合もあるだろう。郵送での手続きや社会保険労務士の活用を考えるのも必要だ。

労働者派遣事業許可申請の現地立会調査はこうやって突破!要点記載。
前回記事「労働者派遣事業新規許可申請の注意点!労働局の窓口対応と現地調査」の続き。 前記事では労働者派遣事業許可申請で重要な「資産要件」「事務所の広さ」「定款」について書いた。 労働者派遣事業許可申請の現地立会調査はこうやって突破!...

育児休業給付金の支給期間が最長2年になった。

弁当箱はお洒落な女性や大容量の男性にお薦め!(フードコンテナー)

育児休業給付金は原則1年支給される。だが、保育園に入れない場合は1年半延長されていた。それが子供が2歳になるまで延長されたのだ。

つまり最長1年6ヶ月が2年になった。育児休業給付の支給申請には「保育園に入れない事の証明」と住民票が必要。

社会保険労務士直前対策!試験1ヶ月前にやるべき事と当日の動き。
社会保険労務士試験に合格するかは選択式に掛かっている。(択一式は勉強してれば突破できる)見たこともない文章に同じような単語。動揺するかも知れないが、みんな同じ問題を解いている。前後の文章をよく読んで対処しよう。時間配分も大事。選択式が終われば午後から択一式。

障害者雇用率が2.3%に上昇。

人事や総務で書類作成経験は無くても社労士事務所勤務1ヶ月経過。

これまで、障害者雇用率が2.0だったのが2.3%になった(民間企業)そして50人以上の従業員を抱える企業だけ、障害者雇用の必要があった。

それが2017年4月から45.5人以上の従業員が働いていれば障害者雇用の必要となった。障害者雇用率が高いと報奨金が得られる。

常時雇用している労働者数が100人以下の事業主で、障害者雇傭数一定数を超えて雇用している障害者の人数に応じて21000円支給(変動あり)

また、障害者雇用には多数の助成金がある。詳細はハローワークや労働局、社会保険労務士に確認しよう。

社会保険労務士試験・開業実務関連記事。

社労士・FP2級技能士
美山走希

キャリアアドバイザーとして資格と転職について助言している。労働者の不安や悩みを解消し、元気に働いてもらえるようサポートしたい。

美山走希をフォローしよう!

資格を取るなら通信講座で!

タイトルとURLをコピーしました